コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナワシロイチゴ(苗代苺) ナワシロイチゴRubus parvifolius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナワシロイチゴ(苗代苺)
ナワシロイチゴ
Rubus parvifolius

バラ科の落葉低木。アジア東部に分布し,日本では各地の原野路傍にごく普通にみられる。高さ 30cmぐらいになるが,普通横に長くはい,の長さは 1.5mぐらいに達し,茎や葉にとげがある。葉は互生し,普通3出複葉で,各小葉は先が丸く細かい鋸歯があり,表面は緑色で裏面は白い。5~6月に,集散花序を枝の上部に腋生または頂生し,淡紅紫色の5弁花を数個ずつつける。花序には軟毛が密生している。核果はやや大きく,多数集って球形集合果となり,6月頃濃い赤色に熟して食べられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android