コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンテンハギ

百科事典マイペディアの解説

ナンテンハギ

フタバハギ,タニワタシとも。マメ科の多年草で,北海道〜九州,東アジアに分布し,山野にはえる。葉は短い柄があり,1対の卵形まれに広線形の小葉からなる複葉となる。夏〜秋,葉腋から出た花柄に,長さ1.2cm内外の青紫色の蝶(ちょう)形花を総状につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンテンハギ
なんてんはぎ
[学]Vicia unijuga A. Braun

マメ科の多年草。別名タニワタシ。葉は1対の小葉からなる。小葉は卵形または披針(ひしん)形。6~10月、葉腋(ようえき)に有柄の総状花序を出し、青紫色の蝶形花(ちょうけいか)を10個以上つける。小花柄の基部に披針形の小さな包葉があるが、開花前に脱落する。豆果(とうか)は狭楕円(きょうだえん)形で長さ約3センチメートル。種子は球形で、3~7個ある。日本各地の山野に生え、朝鮮半島、中国、樺太(からふと)(サハリン)、シベリア東部に分布する。よく似たミヤマタニワタシは関東・中部地方の山地の林下に生える。茎は節ごとにジグザグに曲がり、包葉は卵形で大きく、宿存する。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナンテンハギの関連キーワードオルピディウムアサマシジミフタバハギあずき菜小豆草谷渡し南天草二葉萩包葉谷渡

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android