コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクロム線 ニクロムセン

大辞林 第三版の解説

ニクロムせん【ニクロム線】

ニクロムを主体とした合金線。電熱器用抵抗線として用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクロム線
にくろむせん
nichrome wire

電熱材料としてもっとも一般的なニッケルとクロムを土台とした合金抵抗。抵抗率が高い(約110マイクロオーム・センチメートル)、高温まで酸化されにくい、耐食性に富み、加工性がよく、高温でも機械的に強いなど、電熱線として優れた性質をもっている。
 JIS(ジス)(日本工業規格)では2種類に区分してあり、第1種(ニッケル77%以上、クロム19~21%、ケイ素0.75~1.5%)は、高性能の工業用高温発熱体として、最高温度1100℃までの電気炉などに使用される。第2種(ニッケル57%以上、クロム15~18%、ケイ素0.75~1.5%、残りは鉄)は、耐酸化性、高温強度で第1種よりやや劣るが、加工性は良好でかつ安価なため、最高温度950℃以下の電気炉をはじめ、電熱器、抵抗線などに広く用いられている。ニクロム線の太さは、直径が0.04ミリメートルから13ミリメートルまであり、ほかに帯状のものもつくられている。[長沼義裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニクロム線の関連キーワードボンブカロリメーター抵抗線ひずみ(歪)計ズボンプレッサーインパルスシール間接抵抗加熱炉電子温風暖房機シースヒーター電気ヒーターサモワール電気調理器電熱線合金電気こんろオーブン電気焜炉アイロンカンタル負性抵抗こんろ電熱器抵抗炉

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android