コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクロム線 ニクロムセン

3件 の用語解説(ニクロム線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニクロム‐せん【ニクロム線】

ニクロムの針金。電熱線や抵抗線として使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ニクロムせん【ニクロム線】

ニクロムを主体とした合金線。電熱器用抵抗線として用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクロム線
にくろむせん
nichrome wire

電熱材料としてもっとも一般的なニッケルクロムを土台とした合金抵抗線。抵抗率が高い(約110マイクロオーム・センチメートル)、高温まで酸化されにくい、耐食性に富み、加工性がよく、高温でも機械的に強いなど、電熱線として優れた性質をもっている。
 JIS(ジス)(日本工業規格)では2種類に区分してあり、第1種(ニッケル77%以上、クロム19~21%、ケイ素0.75~1.5%)は、高性能の工業用高温発熱体として、最高温度1100℃までの電気炉などに使用される。第2種(ニッケル57%以上、クロム15~18%、ケイ素0.75~1.5%、残りは鉄)は、耐酸化性、高温強度で第1種よりやや劣るが、加工性は良好でかつ安価なため、最高温度950℃以下の電気炉をはじめ、電熱器、抵抗線などに広く用いられている。ニクロム線の太さは、直径が0.04ミリメートルから13ミリメートルまであり、ほかに帯状のものもつくられている。[長沼義裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニクロム線の関連キーワード電熱器ニクロム二クロム酸カリウムクロム鞣シースヒーター抵抗線電気焜炉マンガンクロム鋼トレンド・ラインカンタル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニクロム線の関連情報