コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニケ Nikē

翻訳|Nikē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニケ
Nikē

ギリシア神話の女神。勝利を神格化した存在で,ヘシオドスによれば,ステュクスティタンのパラスと契って産んだ子の一人とされ,オリュンポスの神々とティタンたちが戦ったとき,母および他の兄弟姉妹たちとともに諸神にさきがけてゼウスに味方し,その功労によってゼウスと起居をともにする最も近しい従者になったというが,アテナと混同され,勝利の女神としてのこの女神の別称とされることも多い。ローマではウィクトリアと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニケ

ギリシア神話の勝利の女神。英語でナイキ,フランス語でニース。アテナの従者で,ローマ神話のウィクトリアと同一視される。翼をもった若い女の姿で表される。アテナイのアテナ・ニケ神殿,サモトラケ島出土の像は有名。
→関連項目サモトラキ[島]パイオニオス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニケ【Nikē】

ギリシア神話で,〈勝利〉を擬人化した女神。ローマ神話ではウィクトリア。しばしば戦の女神アテナにつき従う。神殿では,アテナイ(アテネ)のアクロポリスのアテナ・ニケ神殿(前424再建),彫刻では,1836年にサモトラケ島で発見された有翼のニケ像(前190ころ,ルーブル美術館蔵)が有名。ちなみにアメリカ陸軍の対空誘導弾ナイキは彼女の名を採ったものである。【水谷 智洋】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ニケ【Nīkē】

ギリシャ神話で、「勝利」を擬人化した女神。翼をもつ。オリンポスの神々を助けてティタン神族と戦い、ゼウスに賞せられた。 → サモトラケのニケ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニケ
にけ
Nike

ギリシア神話の女神。ギリシア語で「勝利」を意味し、その擬人化されたもの。ローマ神話ではウィクトリアVictriaという。ティタン神族のパラスの娘で、ゼロス(競争心)、クラトス(権力)、ビア(腕力)などの姉妹がいる。オリンポス神族がティタン神族と戦ったとき、母のスティクスはニケをはじめ子供たちを連れてゼウスに味方した。そのためゼウスは、喜んで彼らをオリンポスにとどめたという。ニケはしばしば女神アテネに臣従していると考えられたが、アテネの属性の一つがニケであったともいわれる。ギリシア各地に神殿があった。美術作品にも有翼の若い女神として描かれ、サモトラキ出土の像はとくに有名である。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニケの言及

【ウィクトリア】より

…ローマ神話の勝利の女神。ギリシア神話のニケに相応する。起源は不詳だが共和政期からローマの象徴としてあがめられ,ユピテル,マルスなどと並んで祭られた。…

※「ニケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニケの関連キーワードル・コンセール・スピリチュエルターク・イ・ブスターン遺跡セルゲイ コニョンコフアレクサンドルーポリスオリンピア考古学博物館アクロポリス美術館エルギン・マーブルアテナ・パルテノスアテナ・パルテノスサモトラキ[島]アクロテリオンブリュアクシスプロステュロスアテナニケ神殿サモトラキ島コニョンコフアルケルモスカリクラテスオリンポススティクス

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニケの関連情報