コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュージャーナリズム にゅーじゃーなりずむNew Journalism

知恵蔵の解説

ニュージャーナリズム

1960年代、アメリカで成立した、ジャーナリズムにおけるルポルタージュ風エッセイの叙述方法。ノーマン・メイラーのエッセイ集『ぼく自身のための広告』(59年)あたりが原点とされる。ゲイ・タリーズ『汝の父を敬え』(71年)、トムウルフ『ライト・スタッフ』(79年)などが代表作。新聞記事のように、事件を、距離を置いて総括的に過去形で語るのではなく、会話を多用し、一人称や現在時制を進んで採用して、書き手の人格を前面に打ち出し、焦点となった場面の臨場感あふれる再現を目指す。時に、登場人物の内面に自在に入り込んで、臨席していないことまで現場に立ち会っていたように書くことになるため、当然そこには必要最小限度のフィクションが混入してこざるをえない。その意味でニュージャーナリズムがジャーナリズムの側からフィクションに一歩接近したものであるとすれば、フィクションの側からノンフィクションの側に一歩接近したのが、トルーマン・カポーティが『冷血』(66年)によって打ち立てた、ノンフィクション・ノベル(Nonfiction Novel)というジャンルである。ニュージャーナリズムとノンフィクション・ノベルの影響は、日本の記録文学の伝統、ジャーナリズムのスタイルに大きく作用して、沢木耕太郎に代表される新しい書き手を生み出していった。佐木隆三『復讐するは我にあり』、村上春樹『アンダーグラウンド』などは、日本版ノンフィクション・ノベルの代表作。

(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニュー‐ジャーナリズム(New Journalism)

記者が単なる情報の記録者ではなく、取材対象と個人的なかかわりあいをもつことで、事件の本質を伝えようとする報道の手法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ニュージャーナリズム【new journalism】

1960年代、アメリカに始まるジャーナリズムのスタイル。主観や個人的体験を大胆に取り入れた奔放な文体を特徴とする。トム=ウルフ・ハンター=トンプソンらが主な実践者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ニュージャーナリズムの関連キーワードウルフ(Thomas (Tom) Kennerly Wolfe Jr.)ニュー・ジャーナリズムニュー・ジャーナリズムジェームズ パターソントム・K. ウルフハルバースタムゲイ タリーズトム ウルフステッド主観雑誌文体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニュージャーナリズムの関連情報