コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌクス ヌクス Nukus

5件 の用語解説(ヌクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌクス
ヌクス
Nukus

ウズベキスタン西部にあるカラカルパク自治共和国の首都。アムダリア三角州の頂点にあり,1932年ここに自治共和国の首都がおかれて以降,小集落から発展した。行政機関のほかに,ユルトフェルト製造,ワイン醸造,製粉,油脂製造などの工場や印刷工場が立地する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヌクス(Nukus)

ウズベキスタン北西部、カラカルパクスタン共和国の首都。アムダリア川下流域に位置する。19世紀半ばにトルコ族の居住地となり、1939年に自治共和国の首都になった。ロシアの民俗学者イーゴリ=サビツキーが収集した古代、中世ホラズムの出土品やウズベキスタンの近現代美術の作品を展示する美術館がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヌクス

ウズベキスタンの南西部の都市。同国に帰属するカラカルパクスタン共和国の主都で,アム・ダリヤ川の右岸に位置する。1930年代に共和国の主都として建設された都市で,政治,教育の中心地になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヌクス【Nukus】

中央アジア,ウズベキスタン共和国のカラカルパクスタン自治共和国の首都。人口18万(1991)。アム・ダリヤ右岸に位置し,左岸のホジェイリ駅より18km,道路交通の要衝である。1860年代にできたヌクス村に1932年建設され,39年以来首都となる。カラカルパク地方の工業生産の15%以上を生産し,金属加工(農業機械修理など),建設材料,食料品,軽工業などの企業がある。ウズベキスタン科学アカデミー支部,教育大学がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌクス
ぬくす
Нукус Nukus

中央アジアのウズベキスタン共和国を構成するカラカルパクスタン自治共和国の首都。アムダリヤアラル海に注ぐ沖積低地の右岸に位置する。人口19万9000(1999)。1860年代に中央アジアのトルコ族の山村として誕生、1932年に市となり、39年より同自治共和国の首都。ブハラサマルカンドを経てタシケントに通じる鉄道が通り、自動車道も整備されている。自治共和国の工業生産高の15%を占め、とくに冶金(やきん)工業が注目される。ほかに油脂、家具、縫製、食品工業も盛ん。大学、科学アカデミー支部があり、文化、学術の中心地でもある。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌクスの関連キーワードウズベク語カラカルパク語キルギス語シルダリアトルキスタンアクモラ花剌子模カラカルパクスタン[自治共和国]ゼラフシャン[川]ベトパク・ダラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone