コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクトン ネクトン nekton

翻訳|nekton

6件 の用語解説(ネクトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネクトン
ネクトン
nekton

遊泳生物ともいう。水生動物のうち自由に遊泳する力をもっているものの総称で,魚類やエビあるいはクジライルカなどまでを含む。受動的な浮遊をおもな運動方式とするプランクトンとともに水中の生物群集を構成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネクトン(nekton)

水域の生物のうち、水の動きに逆らって水中を自由に遊泳する、移動性の大きい生物。魚類や鯨・ウミガメ・イカ・タコなど。プランクトンなどに対していう。遊泳生物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネクトン

遊泳生物とも。遊泳力が強く海洋,湖沼,河川などの水中を水の動きなどに逆らい自由に泳ぐことのできる生物の総称。魚類や大型のイカ類,クジラやイルカなどをいう。プランクトンベントス底生生物)とともに水中の生物群集を構成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海の事典の解説

ネクトン

自らの運動器官を用いて水中を遊泳する生物をネクトン(遊泳生物)と呼ぶ。水生生物を生態的に、ネクトン、プランクトン(浮遊生物)やベントス(底生生 物)に分類する。海獣類や成長した魚類はネクトンであるが、遊泳力の小さい魚卵や稚魚はプランクトンに分類される。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ネクトン【nekton】

遊泳力をもち、水の動きにさからって自由に移動して生活する水生生物。魚類・水生哺乳類・エビなど。プランクトン・ベントスに対する語。遊泳生物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネクトン
ねくとん
nekton

河川・湖沼・海洋など水域の生物の生活形による分類で、水中を自由に遊泳して生活する生物の総称。遊泳生物ともいう。頭足類のイカ、ほとんどの魚類、爬虫(はちゅう)類のウミガメやウミヘビ、哺乳(ほにゅう)類のクジラやイルカなどの比較的高等な動物によって構成されている。いずれも成体と、ある程度以上成長が進んだ段階からをネクトンとして、幼生期はプランクトンなどとして過ごすものが多い。食物連鎖では上位置を占め、漁獲量が多く、陸水・海水を通じ水圏の生物資源ではもっとも重要な群集である。ネクトンは遊泳力のあることが特徴で、産卵・出産と摂餌(せつじ)・成長のために大回遊する生物が多い。サケは成長期の大部分を海洋で過ごし、産卵のため河川をさかのぼる。ヒゲクジラ類は繁殖を冬季に赤道付近で行い、夏季には餌(えさ)が豊富な高緯度海域へ回遊する。植物にはネクトンに該当する生物はない。[佐野 昭・高橋正征]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネクトンの言及

【海】より

…海の生物の中には,顕花植物のアマモや,哺乳類のクジラ,アザラシ類などのように,陸上で進化したグループが,再び海に生活の場を求めて適応進化したものもいる。
[海の生態学]
 海の生物の生活型は,大きくプランクトンplankton(浮遊生物),ベントスbenthos(底生生物),ネクトンnekton(遊泳生物)の三つに区別される。プランクトンは,海水中に浮遊して生活し,自らの能力で移動しないものを指し,ネクトンは,強い遊泳能力をもって水中で生活するもので魚類や,イカ・タコの類,エビ類,それに水生哺乳類などが含まれる。…

【湖沼】より

…最も深い所まで生育する沈水植物は,光合成の補償点光度が低いシャジクモとフラスコモで,その分布帯が沿岸帯の下限になる。 沖帯は湖容積の大部分を占める沖合の水体部分で,水中を浮遊して生きているプランクトン(浮遊生物)と,遊泳生活をするネクトン(遊泳生物)とが主要生物群である。プランクトンは,一生浮遊生活をする植物プランクトン,動物プランクトンの2群に大きく分けられる。…

【生活型】より

…ろ過食者ともいう)という類型がある。 生活型として最もよく使われるのは,水中生物についてのプランクトンplankton(浮遊生物),ネクトンnekton(遊泳生物),ベントスbenthos(底生生物)という類型であろう。これは呼び名の示すとおり,生物の遊泳能力にもとづく生活型分類である。…

【プランクトン】より

…自分自身に移動力がまったくないか,あってもひじょうに弱く,水の動きに逆らって移動せず,水中に浮遊して生活している生物群集と定義される。水圏の生物群集を生態的に区分するとき,水中を自由に遊泳するネクトンnekton(遊泳生物),海底と接触して生活するベントスbenthos(底生生物)と対比する語として用いられる。プランクトンは大部分が数μmから数cmの小型の生物であり,顕微鏡を用いなければ体の構造はもちろん,その存在さえ確認できないような微細な種類が多いが,傘の径が1mを超すエチゼンクラゲもプランクトンとして扱われる。…

※「ネクトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネクトンの関連キーワード移動運動器官単細胞生物プランクトンベントス浮き延縄性的二型運動器の10年・骨と関節の日オートリシス好気性微生物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone