コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミノオ Sporobolus indicus (L.) R.Br.var.purpureo‐suffusus (Ohwi) T.Koyama

世界大百科事典 第2版の解説

ネズミノオ【Sporobolus indicus (L.) R.Br.var.purpureo‐suffusus (Ohwi) T.Koyama】

日当りのよい草原や路傍によく見るイネ科の多年草(イラスト)。密に叢生(そうせい)して株をつくり,根が強く,抜きにくい。葉は多数根生し,細長い線形で,長さは30~70cm,幅は2~5mm,やや硬く,内巻きぎみで,先端はしだいに細まり長くとがる。茎は花序を含めて高さ40~80cm,細く,じょうぶである。花序は9~11月にあらわれ,見かけ上は穂状の細長い尾状の円錐花序で立ち,長さは20~50cm,幅は1~1.5cmで,枝は短く,花序の中軸に寄り添う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミノオ
ねずみのお / 鼠尾
[学]Sporobolus fertilis (Steud.) W. D. Clayton

イネ科の多年草。稈(かん)は株立ちし、強剛で高さ0.3~1メートル。9~12月、稈頂に淡灰緑色で長さ15~40センチメートル、幅5~10センチメートルの直立する細長い円錐(えんすい)花序をつける。小穂は披針(ひしん)形で長さ1.8~2.5ミリメートル、光沢があり、小花が1個ある。包穎(ほうえい)は卵形、長さは小穂の約3分の1。護穎はやや不明瞭(ふめいりょう)な3本の脈がある。嚢果(のうか)の種子は果皮との間が緩く、成熟すると露出する。荒れ地、道端に普通に生え、本州から沖縄、および中国、インド、マレーシア、オーストラリアに分布する。名は、灰色で細長い花序をネズミの尾に例えてつけられた。近縁種ソナレシバは小形で走出枝が長く伸び、南西諸島の、ときに海水をかぶる三角州に群生する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ネズミノオの関連キーワードプレーリー日当り

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android