コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネチャーエフ ネチャーエフ Nechaev, Sergei Gennadievich

5件 の用語解説(ネチャーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネチャーエフ
ネチャーエフ
Nechaev, Sergei Gennadievich

[生]1847.10.2. イバノボ
[没]1882.12.3. ペテルブルグ
ロシアの革命家。 1868年ペテルブルグで学生運動を指導したあと,69年3月スイスに逃れ,M.K.バクーニン,N.P.オガリョフらと接触し,8月帰国。ロシアの革命運動を推し進めるため「ヨーロッパ革命家同盟」という架空の団体をつくり,そのロシア支部として「人民裁判」という秘密サークルを組織した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネチャーエフ(Sergey Gennadievich Nechaev)

[1847~1882]ロシアの革命家。学生運動を指導して亡命し、亡命中にバクーニンとともに檄文「革命家の教理問答」を発表した。帰国後、批判的なメンバーリンチ殺人し亡命。1872年逮捕・送還され、獄死した。ドストエフスキーの小説「悪霊」の登場人物モデルで、陰謀家の典型とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネチャーエフ【Sergei Gennadievich Nechaev】

1847‐82
ロシアの革命家。貧しい家庭の中で独学し,教師資格を得るかたわらペテルブルグ大学聴講生となって,1868‐69年の大学紛争に加わり,学生運動の革命化を図ってトカチョーフとともにラディカル少数派に立った。自ら投獄のうわさを流しておいて,69年3月ひそかにスイスへ脱出,バクーニンやオガリョーフに接近して革命資金を入手し,前者とともに革命を訴えるいくつかの宣伝文書を作成した。とりわけ有名なのは《革命家のカテキズム》(1869)で,その主張は〈目的のために手段を選ばぬ〉として,後年〈革命のマキアベリズム,革命のイエズス主義〉と評された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ネチャーエフ【Sergei Gennadievich Nechaev】

1847~1882) ロシアの革命家。極端な革命運動を主張、同志を殺害し亡命。のち、捕らえられ獄死。ドストエフスキーの小説「悪霊」はこの事件に取材したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネチャーエフ
ねちゃーえふ
Сергей Геннадиевич Нечаев Sergey Gennadievich Nechaev
(1847―1882)

ロシアの革命家。1868年末から翌年初めにかけて、ペテルブルグ大学の学生運動に参加したあとスイスに脱出。ここで老革命家バクーニンに近づき、革命を宣伝する文書を出版。69年8月ロシアに戻り、モスクワに「人民裁判」という名の秘密結社をつくった。同志イワノフから批判されるや、これを殺害し、ドストエフスキーの『悪霊』執筆にヒントを与えた。72年スイスで逮捕されたあと、ロシアに引き渡され、獄中で死んだ。[外川継男]
『ルネ・カナック著、佐々木孝次訳『ネチャーエフ』(1964・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネチャーエフの言及

【ナロードニキ】より

…この二人の思想を受け入れた青年たちの運動は61年以後の農奴解放の実施期に展開されたが,これが広範なひろがりをもち,一世代の青年・学生の運動となったのは70年代のことである。 ネチャーエフのマキアベリズムに反発した学生たちは,〈自己形成〉のサークルをつくった。その一つ,チャイコフスキーNikolai Vasil’evich Chaikovskii(1850‐1920)のサークルから70年代の主要な活動家がつくり出された。…

※「ネチャーエフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネチャーエフの関連キーワードチョイバルサンパルブス虚無党小戸蒼ざめた馬を見よ労農ロシアロシアの恋人アクセリロードエス・エル党《上ラインの革命家の書》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone