コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッタイチョウ ネッタイチョウ Phaethontidae; tropicbirds

2件 の用語解説(ネッタイチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネッタイチョウ
ネッタイチョウ
Phaethontidae; tropicbirds

ネッタイチョウ目ネッタイチョウ科の鳥の総称。アカオネッタイチョウ Phaethon rubricauda,シラオネッタイチョウ P. lepturus,アカハシネッタイチョウ P. aethereus の 3種からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネッタイチョウ
ねったいちょう / 熱帯鳥
tropicbird

鳥綱ペリカン目ネッタイチョウ科に属する海鳥の総称。この科Phaethontidaeの仲間は、全長80~100センチメートルと中形で、世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、3種が知られている。どの種も全体に白色で、体上面に小さい黒斑(こくはん)があり、翼に黒斑をもつ種もある。最大の特徴は尾羽の中央2枚で、著しく細長く約40センチメートルにもなり、全長の半分近い。この長い尾を吹き流して求愛飛翔(ひしょう)を行う。嘴(くちばし)は太めで、先は鋭くとがり、いくらか湾曲する。翼は広く短めで先はとがる。飛翔中、翼をすばやく羽ばたく。足は短く、水かきがある。魚群を求め外洋に出て、海面に突入して魚類やイカ類をとらえる。目が大きく、薄明でも採餌(さいじ)する。地上を歩くのは不得手で、海に面した断崖(だんがい)の棚やくぼみ、割れ目、あるいはやぶの中や樹木中に営巣し、1卵を産む。雌雄交替で1か月半近く抱卵し、雛(ひな)を15週間養育する。繁殖に9~12か月近くかかるため、隔年繁殖する。雛は親鳥が吐き戻した餌(えさ)を口移しに与えられる。アカハシネッタイチョウPhaethon aethereusは嘴が赤色で尾は白く、背に黒斑がある。アメリカ大陸の太平洋・大西洋岸、インド洋に分布する。アカオネッタイチョウP. rubicaudaは尾が赤色で嘴も赤い。この種は大西洋には分布しない。熱帯海域に広く分布するシラオネッタイチョウP. lepturusは、この仲間ではもっとも小さい種で、尾は白色、嘴が黄色である。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネッタイチョウの関連キーワード犀鳥太陽鳥熱帯鳥熱帯病鷸駝鳥ネッタイチョウ(熱帯鳥)サイチョウ(犀鳥)アカオネッタイチョウアカハシネッタイチョウシラオネッタイチョウ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネッタイチョウの関連情報