コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッタイチョウ ネッタイチョウPhaethontidae; tropicbirds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネッタイチョウ
Phaethontidae; tropicbirds

ネッタイチョウ目ネッタイチョウ科の鳥の総称。アカオネッタイチョウ Phaethon rubricauda,シラオネッタイチョウ P. lepturus,アカハシネッタイチョウ P. aethereus の 3種からなる。全長 70~105cm。アジサシに似た体つきの海鳥で,尾羽は中央 2枚が非常に長く,全長の約半分以上を占める。羽色はほとんど白く,などに黒い部位があり,過眼線も黒いが,その色のパターンは種によって変化する。脚は体の後方についていて短く,歩くことができず,陸では体を押して動く。趾(あしゆび)の間には蹼(みずかき)があり,休むときには水面におりる。繁殖期以外に陸に上がることはない。多くのアジサシ類と同じように,海上を飛びながら海中に突入して食べ物をとる。熱帯海域に分布する。日本ではアカオネッタイチョウシラオネッタイチョウの 2種が記録されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネッタイチョウ
ねったいちょう / 熱帯鳥
tropicbird

鳥綱ペリカン目ネッタイチョウ科に属する海鳥の総称。この科Phaethontidaeの仲間は、全長80~100センチメートルと中形で、世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、3種が知られている。どの種も全体に白色で、体上面に小さい黒斑(こくはん)があり、翼に黒斑をもつ種もある。最大の特徴は尾羽の中央2枚で、著しく細長く約40センチメートルにもなり、全長の半分近い。この長い尾を吹き流して求愛飛翔(ひしょう)を行う。嘴(くちばし)は太めで、先は鋭くとがり、いくらか湾曲する。翼は広く短めで先はとがる。飛翔中、翼をすばやく羽ばたく。足は短く、水かきがある。魚群を求め外洋に出て、海面に突入して魚類やイカ類をとらえる。目が大きく、薄明でも採餌(さいじ)する。地上を歩くのは不得手で、海に面した断崖(だんがい)の棚やくぼみ、割れ目、あるいはやぶの中や樹木中に営巣し、1卵を産む。雌雄交替で1か月半近く抱卵し、雛(ひな)を15週間養育する。繁殖に9~12か月近くかかるため、隔年繁殖する。雛は親鳥が吐き戻した餌(えさ)を口移しに与えられる。アカハシネッタイチョウPhaethon aethereusは嘴が赤色で尾は白く、背に黒斑がある。アメリカ大陸の太平洋・大西洋岸、インド洋に分布する。アカオネッタイチョウP. rubicaudaは尾が赤色で嘴も赤い。この種は大西洋には分布しない。熱帯海域に広く分布するシラオネッタイチョウP. lepturusは、この仲間ではもっとも小さい種で、尾は白色、嘴が黄色である。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネッタイチョウの関連情報