ネムノキ

百科事典マイペディアの解説

ネムノキ

マメ科の落葉高木。本州〜沖縄,東〜東南アジアに広く分布し,日当りのよい山野の湿地にはえる。葉は大型の2回羽状の偶数複葉。7〜8月,小枝の先に散形状に紅色の花をつけ,日没前に開花する。花弁は合体し,先が5裂。おしべは多数あって,花糸は非常に長くて目立つ。豆果は9〜10月褐色に熟す。材は家具など,樹は庭木とする。小葉は夜,閉じて眠るように見えるので,この名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネムノキ
ねむのき / 合歓
[学]Albizia julibrissin Durazz.

マメ科の落葉高木。高さ6~9メートル。葉は2回羽状複葉、長さ20~30センチメートルで柄があり、7~9対の羽片が対生する。小葉は長さ0.5~1.5センチメートル、広披針(こうひしん)形で、おのおのの羽片に36~58個つく。葉は就眠運動により夜は下垂する。6~7月、枝先に十数個の頭状花序を総状につける。花は1個の頭状花序に20個前後つく。夕方、これらが同時に開き、紅色の長い雄しべを多数傘状に展開する。5枚の花弁は先端を除いて合着し、筒状となる。豆果は広線形で平たく、長さ10~15センチメートルあり、8~14個の楕円(だえん)形で平たい種子がある。本州、四国、九州の山野、とくに川原によく生え、朝鮮半島、中国、ヒマラヤ、インド、イランにまで分布する。庭木として植えられるほか、農具の柄(え)や細工物にも使われる。
 ネムノキ属は旧世界の熱帯~暖帯に約150種ある。ネムノキはそのなかでもっとも北に分布する種である。[立石庸一]

文化史

合歓は『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』には中品(ちゅうぼん)として身を軽くし、眠りをよくするなどの効用が載り、合歓の名は歓と昏(こん)の発音が似ているからとの説を引く。日本でも、夜に葉が閉じる現象は早くから注目され、『万葉集』に紀女郎(きのいらつめ)は「昼は咲き夜は恋ひ寝(ぬ)る合歓木の花君のみ見めや戯奴(わけ)さへに見よ」(巻8・1461)と詠む。ほかにも二首『万葉集』(巻8・1463、巻11・2752)に歌われる。長野県などではネムの葉は干して臼(うす)でつぶして粉香とし、盂蘭盆会(うらぼんえ)などに使った。台湾のパイワン族はタイワンネムA. procera (Roxb.) Benth.の樹皮の浸出液や葉をもんで髪を洗った。フィリピンのバタン諸島ではヤエヤマネムA. retusa Benth.の樹皮を洗濯に用いた。
 象潟(きさがた)や雨に西施(せいし)がねぶの花  芭蕉(ばしょう)[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネムノキの関連情報