ノイン・ウラ(読み)ノインウラ

百科事典マイペディアの解説

ノイン・ウラ

モンゴル,ウランバートルキャフタとの中間の山にある匈奴(きょうど)の古墳群。1924年―1925年コズロフ探検隊が王墓を発掘調査。漢代の絹,鏡,漆器のほか,ペルシア風の刺繍(ししゅう)や,スキタイ文化風の動物意匠の飾金具などが発見され,紀元前後の東西交流の研究上重要な遺跡の一つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノイン・ウラ
のいんうら
Noin-la

モンゴル国の首都ウランバートル北方100キロメートルにある、匈奴(きょうど)の王族・貴族の古墳群のある山。212基の古墳中10基が、コズロフを隊長とするソ連の調査団によって発掘された(1924~25)。墳丘は低いが、方形の主丘に長い前方部が連なり、その主丘の下に、中国漢代の墳墓の形式と似た木槨(もっかく)室が構築されている。棺の下に敷かれた毛氈(もうせん)や壁飾りの刺しゅうにスキタイ系文化と西方ペルシア系文化の特徴がみられる。副葬品として埋められた各種の容器、装身具、玉器、馬具、車蓋(しゃがい)類は、中国製が大部分を占め、前漢の建平5年(前2)の銘文をもつ漆器もある。織物は中国の絹布がもっとも多く、それには平絹、錦(にしき)、紗(しゃ)、羅などあらゆる種類が含まれている。これらによって、西暦紀元前後の匈奴支配層が、匈奴自身のスキタイ系文化を発達させるとともに、中国、西方文化の影響を強く受けていたことが明らかになった。[護 雅夫]
『梅原末治著『蒙古ノイン・ウラ発見の遺物』(1960・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android