コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノキシノブ(軒忍) ノキシノブLepisorus thunbergianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノキシノブ(軒忍)
ノキシノブ
Lepisorus thunbergianus

ウラボシ科の常緑性シダ植物。東アジアの温帯にごく普通にみられ,木の幹,岩や石垣,屋根などに着生する。横にはう根茎は短く,やや密に葉をつける。葉は長さ 15cm内外で細長い線形,やや厚い肉質で全縁,先はとがる。葉の裏面の中肋の左右に,数対ないし十数対の円形の胞子嚢群をつける。胞子嚢に混って側糸があり,胞膜を欠く。近縁のものには,やや小型で葉をまばらにつけるヒメノキシノブ L. onoeiや,山地に生えるミヤマノキシノブ L. ussuriensis var. distans,ホテイシダ L. annuifronsなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノキシノブ(軒忍)の関連キーワードミヤマノキシノブ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android