コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノキシノブ

3件 の用語解説(ノキシノブの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノキシノブ

ウラボシ科の常緑シダ。本州以南に分布。低山地〜平地の陽地にふつうにみられ,木の幹,岩の上などに着生。葉は非常に短い茎から接近して出,長さ10〜30cm,厚い線形で両端は細くなり,中脈が目立ち,葉脈は見えない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノキシノブ【Lepisorus thunbergianus (Kaulf.) Ching】

ウラボシ科の常緑多年生シダ植物イラスト)。北海道南部以南の平地や山地に普通に見られ,通常樹幹や岩上等に着生する。屋根の軒に生えるのでこの名がついた。中国からヒマラヤにかけて分布するが,この地域にあるノキシノブ属の分類についてはまだ研究すべき問題が多い。根茎には直径2~3mm,長さ3~4mmの細い鱗片がある。葉はやや密に出て,革質,長さ8~25cm,先端は鋭尖頭から尾状,中肋付近に格子状の小さい鱗片がまばらに残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノキシノブ
のきしのぶ / 軒忍
[学]Lepisorus thunbergianus (Kaulf.) Ching.

ウラボシ科の常緑性シダ。ヤツメランともいい、耐乾性が強い。短くはう根茎から、細長く先端の鋭い単葉を密に生ずる。中脈を挟んで円形の胞子嚢(のう)群が二列に並ぶ。古い根茎には丸く浅い凹所が多数あるが、これは葉の落ちた跡である。全国に分布しており、市街地の石垣、かや葺(ぶ)き屋根、樹幹をはじめ、山地の岩上などに着生する。中国をはじめ東南アジア、インドなどに広く分布する。中国の浙江(せっこう)省では、咳(せき)による吐血の民間治療薬として使われる。深山の樹幹や岩上には、よく似たミヤマノキシノブL. ussuriensis var. distansがあるが、鱗片(りんぺん)が少ないことと葉柄があることで区別がつく。ヒメノキシノブL. onoeiもノキシノブに似るが、葉先があまりとがっていない。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone