コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノグチゲラ Sapheopipo noguchii; Okinawa woodpecker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノグチゲラ
Sapheopipo noguchii; Okinawa woodpecker

キツツキ目キツツキ科。全長 31cm。背,腰,胸,腹が赤みを帯びた暗褐色で,と尾は黒く,初列風切に白斑がある。雄は頭上と後頭が暗赤色を帯びているが,雌は暗褐色。生息域は沖縄島北部の原生林で,きわめて狭い範囲にかぎられている。生息数は 1960年代から 1980年代にかけて森林伐採の影響で急速に減少し,近年ではマングースやノネコ,ハシブトガラスなどに襲われ,さらに減っている。およその生息数は,1991~93年には 500羽,2009年の報告では 320~390羽,つがい数も 100以下と推定されている。1977年に国の特別天然記念物(→天然記念物)に指定された。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IA類にあげられている。沖縄県県鳥

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノグチゲラ

キツツキ科の鳥。翼長16cm。全体に赤味がかった暗褐色で,翼や尾は黒褐色下面は淡い色。沖縄本島北部の森林にのみ生息する固有種スダジイなどの樹洞に営巣し,昆虫,クモ,植物の果実をおもに食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノグチゲラ
のぐちげら / 野口啄木鳥
Pryer's woodpecker
[学]Sapheopipo noguchii

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。中形種で全長約30センチメートル、全体に暗赤色を帯びた褐色で、下面はやや淡く、翼には小白斑(はくはん)が少数あり、雄は頭上が赤い。世界中で沖縄本島北部山地の天然林にのみ生息し、近くに近縁種がいるわけでもない、という珍しいキツツキであるが、この天然林の伐採とアメリカ軍の演習地化によって、生息地が縮小し生存が危ぶまれている。1972年(昭和47)に国の天然記念物に指定されたが、生息環境の保護を伴っていないので、まだ絶滅のおそれがある。生態はよく調査されていない。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノグチゲラの関連キーワード沖縄県国頭郡国頭村やんばる国立公園沖縄県国頭郡東村国際保護動物沖縄県の要覧国頭(村)沖縄[県]沖縄(県)県鳥・県獣希少動物浦本昌紀ヤンバル池原貞雄与那覇岳特殊鳥類天然林国頭村

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノグチゲラの関連情報