コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノジコ(野路子∥野鵐) ノジコ Japanese yellow bunting

1件 の用語解説(ノジコ(野路子∥野鵐)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノジコ【ノジコ(野路子∥野鵐) Japanese yellow bunting】

スズメ目ホオジロ科の鳥。全長約14cm。スズメよりやや小さい。一見黄色っぽい鳥で,背面は緑褐色で黒い縞模様があり,下面は黄色みが強い。眼のまわりに白いリングがある。雌雄はほぼ同色。本州の山地と北海道で繁殖し,日本以外では繁殖が知られていない。本州中部の日本海側の地方には多い。冬は平地に降り,九州や中国南東部やフィリピン諸島まで渡る。まばらな林にすむが,とくに水辺の林縁や湿地林を好む。一夫一妻で繁殖し,雄は強いなわばり性を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノジコ(野路子∥野鵐)の関連キーワード頭高黒鵐島青鵐紅雀青鵐小寿林ダーウィンフィンチ頬赤頬白深山頬白

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone