コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノジコ Emberiza sulphurata; yellow bunting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノジコ
Emberiza sulphurata; yellow bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 13.5~15cm。頭部は緑褐色で,眼のまわりがリング状に白い。背面灰緑色黒褐色の小斑がある。下面黄緑色で,脇に縦斑がある。本州中部以北の標高 400~1500mの開けた林や林縁繁殖するが,分布は局地的で,日本海側に多い。繁殖は日本でしか知られていない。越冬地はフィリピンで,九州地方南西諸島中国南東部,タイワン(台湾)大韓民国などは記録があるが,渡りのときに通過していく地域と思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノジコ

ホオジロ科の鳥。翼長7cm。背面は灰緑色で暗色の縦斑がある。雌はやや褐色を帯びる。繁殖地は本州中部から北部の山地にかぎられ,冬は日本南部のほか,中国やフィリピンにも渡る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノジコ
のじこ / 野路子
Japanese yellow bunting
[学]Emberiza sulphurata

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長約14センチメートル。灰色を帯びた緑黄色の鳥で、大・中雨覆(あまおおい)の先にある白斑(はくはん)が、翼の2本の白線となって目だつ。日本の特産種で、広葉低木林を好み、おもに昆虫を餌(えさ)とするが草本の種子も食べる。繁殖の知られているのは北海道のほか、青森、神奈川、山梨、静岡、長野、新潟などの各県で、個体数の少ない種類の一つである。冬季は九州でも記録されているが、台湾、フィリピン、中国南部沿海地方に渡るものもいる。飼い鳥としては、声のよい島根県産のものがイズモノジコとよばれた。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノジコの関連キーワードフウキンチョウゴシキノジコルリノジコ巫鳥・鵐カナリアシトド坂根

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android