コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノジコ ノジコ Emberiza sulphurata; yellow bunting

3件 の用語解説(ノジコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノジコ
ノジコ
Emberiza sulphurata; yellow bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 13.5~15cm。頭部は緑褐色で,眼のまわりがリング状に白い。背面は灰緑色で黒褐色の小斑がある。下面は黄緑色で,脇に縦斑がある。本州中部以北の標高 400~1500mの開けた林や林縁で繁殖するが,分布は局地的で,日本海側に多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノジコ

ホオジロ科の鳥。翼長7cm。背面は灰緑色で暗色の縦斑がある。雌はやや褐色を帯びる。繁殖地は本州中部から北部の山地にかぎられ,冬は日本南部のほか,中国やフィリピンにも渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノジコ
のじこ / 野路子
Japanese yellow bunting
[学]Emberiza sulphurata

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長約14センチメートル。灰色を帯びた緑黄色の鳥で、大・中雨覆(あまおおい)の先にある白斑(はくはん)が、翼の2本の白線となって目だつ。日本の特産種で、広葉低木林を好み、おもに昆虫を餌(えさ)とするが草本の種子も食べる。繁殖の知られているのは北海道のほか、青森、神奈川、山梨、静岡、長野、新潟などの各県で、個体数の少ない種類の一つである。冬季は九州でも記録されているが、台湾、フィリピン、中国南部沿海地方に渡るものもいる。飼い鳥としては、声のよい島根県産のものがイズモノジコとよばれた。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノジコの関連キーワード島青鵐頬赤頬白深山頬白カシラダカ(頭高)フウキンチョウ(風琴鳥)ホオアカ(頰赤)ホオジロ(頰白)ユキホオジロ(雪頰白)ホオジロ科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノジコの関連情報