コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボクズネツク ノボクズネツク Novokuznetsk

4件 の用語解説(ノボクズネツクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボクズネツク
ノボクズネツク
Novokuznetsk

1931年までクズネツク Kuznetsk,31~32年ノボクズネツク,32~61年スターリンスク Stalinskロシア中部,西シベリア南部,ケメロボ州の都市。州都ケメロボ南南東約 200km,コンドマ川がトミ川に合流する地点に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノボクズネツク

ロシア中南部,クズネツク炭田にある工業都市。冶金,アルミニウム,化学,機械などの工業が行われる。1617年創設。1930年代から近代工業都市として急速に発展。1932年―1961年スターリンスクと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノボクズネツク【Novokuznetsk】

ロシア連邦中南部,ケメロボ州南部の工業都市。オビ川支流のトミ川の両岸にまたがる。1622~1931年グズネツク・シビルスキー,1931~32年ノボクズネツク,1932‐61年の間スターリンスクStalinskと呼ばれた。人口59万8000(1993)。1617年に建設された砦にはじまる。1932年に冶金コンビナートができてソ連の冶金工業の一中心となり,第2次世界大戦期の防衛産業の支えとなった。60年代に大規模なアルミニウム工場,鉄冶金工場ができた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボクズネツク
のぼくずねつく
Новокузнецк Novokuznetsk

ロシア連邦中部、ケメロボ州の都市。1622~1931年の名称クズネツク・シビルスキー、1931~32年の名称ノボクズネツク、1932~61年の名称スターリンスク・クズネツクСталинск-Кузнецк/Stalinsk-Kuznetsk。西シベリアのオビ川支流トミ川の上流に、アバ川とコンドマ川が合流する地点のトミ川両岸に位置する。人口56万2800(1999)。クズネツク炭田(クズバス)にあるロシア屈指の冶金(やきん)工業都市で、1932年にクズネツク冶金コンビナートが鉄鋼生産を開始し、さらに60年代に西シベリア冶金工場が建設された。そのほかアルミニウム精錬、鉄合金、石炭採掘、機械製造(おもに鉱業用)、建設資材、化学・薬品、軽工業、食料品などの工業が盛ん。諸研究所(水力採炭、冶金)、単科大学(冶金、教育)、劇場、博物館、美術館などもある。
 市の起源は1617年にアバ人(現在のショーレツ人)の住地に建設されたクズネツク柵(さく)(要塞(ようさい))で、22年に市となった。当時アバ人は鉄器の鍛冶(かじ)を特技としたのでロシア人は彼らをクズネツ(ロシア語で鍛冶屋の意)とよび、それが地名にもなった。工業が勃興(ぼっこう)したのは、第一次五か年計画(1928~32)で、マグニトゴルスク(鉄鉱山、製鉄所)と組んでウラル‐クズバス・コンビナートを構成してからであるが、いまは地元のゴルナヤ・ショリヤ産とハカシア産、およびカザフスタン共和国のソコロフ・サルバイ産の鉄鉱石を使う。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノボクズネツクの関連キーワードケメロボКрасноярскБарнаулБратскАнжеро-СудженскКемеровоНовокузнецкПрокопьевскБеловоЛенинск-Кузнецкий

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノボクズネツクの関連情報