コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイイロチュウヒ Circus cyaneus; hen harrier; marsh hawk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイイロチュウヒ
Circus cyaneus; hen harrier; marsh hawk

タカ目タカ科。全長 41~53cm。雄よりも雌のほうが大きい。雌雄異色。雄は頭部から背面,胸の上部が灰色で,胸の下部以下の腹面と上尾筒が白い。初列風切羽は黒く,飛ぶと目立つ。雌は背面が褐色で,上尾筒が白い。腹面は淡い褐色地に縦縞模様があり,尾羽は淡い褐色地に数列の横帯がある。北極圏を除くヨーロッパからロシア東部までと,北アメリカアメリカ合衆国より北部で繁殖する。アメリカやヨーロッパ西部では留鳥。ほかの地域では繁殖後に北アフリカインド北部からヒマラヤ地方を経て中国南部,東南アジア,日本,アメリカ合衆国南部から南アメリカ北部へ渡る。タカ科ではこの種だけが一夫多妻で繁殖する。草原や低木草原,湿原などに生息し,地上に巣をつくる。おもに小哺乳類を食べるが,鳥や爬虫類なども食べる。日本にも冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,河口,河原,湿原,草原,農耕地などに生息する。近年は渡来数が減少している。(→タカ猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイイロチュウヒ
はいいろちゅうひ / 灰色沢
hen harrier
[学]Circus cyaneus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシアおよび北アメリカの中部と北部で繁殖し、冬にはすこし南へ移動する。日本には冬鳥として渡来し、葦(あし)原や湿原にすむ。全長43~53センチメートル。雄は灰色、雌は褐色で、ともに腰が白い。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハイイロチュウヒの言及

【チュウヒ(沢鵟)】より

…アフリカ産の2種を除いて,雌雄の色がはっきりと違っている。日本には冬季,大陸からハイイロチュウヒC.cyaneusが冬鳥として渡来し,マダラチュウヒC.melanoleucosが迷鳥として観察されている。【竹下 信雄】。…

※「ハイイロチュウヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイイロチュウヒの関連キーワード髙橋春利根型重巡洋艦タカチホヘビマングース万年時計毛公鼎モナ・リザ岡村類大澤マリアオーストラリアン・シェパード

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイイロチュウヒの関連情報