ハイガイ(英語表記)Tegillarca granosa; granulated ribbed ark; granulated cockle

  • granulous ribbed arkgranulated cockle
  • はいがい / 灰貝・伏老

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟体動物門二枚貝綱フネガイ科。長 5cm,殻高 4cm,殻幅 3.5cmに達する。殻は厚く堅固,丸みのある四角形で,背縁は白色。殻表に結のある太い肋が 18本内外あり,灰褐色の殻皮でおおわれる。左右両殻頂の間には菱形の平らな靭帯面がある。殻内面は白色。両殻の噛み合せに小さな歯状突起が並ぶ。軟体は,血液がヘモグロビンを含むため橙色である。瀬戸内海有明海などの内湾奥の潮間帯の泥底にすみ朝鮮半島からマレーシアまでの太平洋インド洋にも広く分布している。産卵期は8~9月。2年で殻長 2cmになる。肉は食用和名の由来は,殻を焼いて貝灰をつくり,工芸の顔料としたことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フネガイ科の二枚貝。長さ5cm,高さ4cm,幅3.5cm,殻表には17〜18条の節のある肋が走り,灰黄色の殻皮でおおわれる。内面は白色。有明海,瀬戸内海,西太平洋,インド洋に分布し,内湾の潮間帯の泥底にすむ。産卵期は8〜9月。食用。東南アジアでは養殖もされる。殻を焼いて貝灰を作り顔料としたので灰貝の名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軟体動物門二枚貝綱フネガイ科の二枚貝。地方名チンミ。熱帯太平洋およびインド洋に分布し、内湾の潮間帯の泥底にすむ。日本のものは亜種とされ、三河湾、伊勢(いせ)湾、瀬戸内海、有明(ありあけ)海などに産するにすぎないが、東京湾沿岸の貝塚には多数出土し、かつては東京湾にも多量に生息したことを証明している。さらに新生代完新世の化石として東北地方にも及び、以前は日本全土に広く分布していたことが知られている。殻高40ミリメートル、殻長50ミリメートル、殻幅35ミリメートルに達し、殻は厚く、やや方形で白色。殻表には結節のある太い放射肋(ろく)が18条ほどあり、その上は灰褐色の粗い殻皮で覆われるが、毛状にはならない。両殻長の間に菱(ひし)形の黒い平らな部分があり、かみ合せに多くの小さい歯が並ぶ。肉の血液はヘモグロビンを含んで赤い。食用にされ美味。産卵期は8~9月、2年で殻長20ミリメートルになる。殻を焼いて貝灰をつくったのが名の由来である。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android