ハギンズ(Maurice Loyal Huggins)(読み)はぎんず(英語表記)Maurice Loyal Huggins

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハギンズ(Maurice Loyal Huggins)
はぎんず
Maurice Loyal Huggins
(1897―1981)

アメリカの化学者。9月19日カリフォルニア州バークリーに生まれる。カリフォルニア大学卒業後、ハーバードスタンフォード大学で研究、スタンフォード研究所物理化学部門部長(1959)。原子間距離と結合エネルギー、それらと分子構造・結晶構造との関係を研究。水素結合概念を提唱(1921)。ガラスや高分子の物質構造の研究も行う。1942年、今日フローリー‐ハギンズの理論として知られる高分子溶液理論をフローリーと独立に発表。1955~1956年(昭和30~31)大阪大学、京都大学に招聘(しょうへい)教授として来日した。

[大友詔雄]

『藤代亮一・田所宏行訳『高分子物理化学』(1959・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android