コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクウンボク

百科事典マイペディアの解説

ハクウンボク

オオバヂシャとも。エゴノキ科の落葉高木。日本全土,東アジアの山地にはえる。葉は円形でエゴノキより大きく長さ10〜20cm,先が鋭くとがり,裏面は白く,葉柄の基部は冬芽を包む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハクウンボク【Styrax obassia Sieb.et Zucc.】

山中にみられるエゴノキ科の落葉高木で,和名は白花の満開したさまを白雲に擬したものである。別名オオバヂシャ。高さ12m,径25cmに達し,小枝は帯紫褐色で,外樹皮が薄くはがれる。一年生枝は先端が枯れ落ちて仮頂芽をつくる。葉は互生し,ほぼ円形で先は急にとがり,長さ10~20cm,縁にはまばらに小さい歯牙がある。葉柄の基部がふくらんで芽を包む。5~6月,本年枝から長さ10~20cmの総状花序を頂生し,15~20個の白い花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクウンボク
はくうんぼく / 白雲木
[学]Styrax obassia Sieb. et Zucc.

エゴノキ科の落葉高木。オオバジシャともいい、学名のobassiaはこの名に基づいた。樹皮は暗灰色で、小枝は表皮がはげ、冬芽は葉柄の基部に包まれる。葉は互生し、卵円形で長さ10~20センチメートル、縁(へり)に浅く切れ込む鋸歯(きょし)があり、裏面は灰白色で星状毛が密生する。5~6月、枝先に8~17センチメートルの総状花序をつくり、多数の白色花を下向きに開く。花冠は深く5裂し、長さ約2センチメートル。果実は卵円形で長さ約1.5センチメートル、白い星状毛を密生する。山地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。庭木として植え、材は淡黄白色、緻密(ちみつ)でろくろ細工に用いる。名は、樹上に白色花が満開になったようすを白雲に見立てたもの。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハクウンボクの関連キーワードコハクウンボク大葉萵苣小林義雄こけし国見岳一葉葉広大葉

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android