ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)(読み)ハグロトンボ(英語表記)Calopteryx atrata

世界大百科事典 第2版の解説

ハグロトンボ【ハグロトンボ(羽黒蜻蛉) Calopteryx atrata】

トンボ目カワトンボ科の昆虫(イラスト)。体長約60mm,後翅長約40mm。雄は金属緑色の体に漆黒色の翅をもち,雌は黒褐色の体で翅も褐色がかった黒色。平地の清澄な流水にすむ普通種で,7~8月ころに多い。本州北端から屋久島まで産するが北海道には見られない。大陸では朝鮮半島,中国東北部,中国東部に分布する。幼虫はたいへん細長い体に長大な触角とクモのような長い肢をもち,流水中の藻などに止まっている。近似種のアオハダトンボC.virgoは本州,四国,九州から朝鮮半島を経て中国東北部,東部シベリア(アルタイまで)に産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android