コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハグロトンボ(羽黒蜻蛉) ハグロトンボCalopteryx atrata

1件 の用語解説(ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハグロトンボ【ハグロトンボ(羽黒蜻蛉) Calopteryx atrata】

トンボ目カワトンボ科の昆虫(イラスト)。体長約60mm,後翅長約40mm。雄は金属緑色の体に漆黒色の翅をもち,雌は黒褐色の体で翅も褐色がかった黒色。平地の清澄な流水にすむ普通種で,7~8月ころに多い。本州北端から屋久島まで産するが北海道には見られない。大陸では朝鮮半島,中国東北部,中国東部に分布する。幼虫はたいへん細長い体に長大な触角とクモのような長い肢をもち,流水中の藻などに止まっている。近似種のアオハダトンボC.virgoは本州,四国,九州から朝鮮半島を経て中国東北部,東部シベリア(アルタイまで)に産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone