コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタハタ(鰰∥鱩) ハタハタsailfin sandfish

1件 の用語解説(ハタハタ(鰰∥鱩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハタハタ【ハタハタ(鰰∥鱩) sailfin sandfish】

スズキ目ハタハタ科の寒流域にすむ海産魚(イラスト)。北太平洋に広く分布しているが,日本では宮城県および島根県以北の北日本に生息している。秋田では産卵のため接岸する11月ころよく雷が鳴るためカミナリウオと呼ぶ。新潟県高田・能生でシマアジ,鳥取でカハタシロハタなどと呼ぶ。体はやや細長く,側扁し,うろこや側線がない。体の背側は黄褐色で,不規則黒褐色斑がある。腹部は白い。体長28cmに達する。水深100~400mの砂泥底にすんでいるが,産卵期の11~12月になると,大きな群れをつくり,水深数mの藻場に現れ,海藻などに卵塊を産みつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハタハタ(鰰∥鱩)の言及

【秋田[県]】より

…由利郡の旧天領などは酒田県,山形県をへて編入された。出羽国
[ハタハタの風土]
 11月下旬~12月中旬,寒冷前線の通過に伴い,雷鳴とともにハタハタの大群が沿岸に押し寄せる。このころから3月上旬までが降雪期で,海岸部の秋田市で約3m,内陸部の横手市で約7mの降雪があるが,これは対馬暖流と北西季節風のもたらすものである。…

※「ハタハタ(鰰∥鱩)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone