コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマアジ Pseudocaranx dentex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマアジ
Pseudocaranx dentex

スズキ目アジ科の海水魚。アジ類中最も美味とされる。全長 1.2mになり,体は強く側扁する。体の背面は青緑色,腹面銀白色側線直走部の後部 4分の3に 26~30の稜鱗があり,尻鰭前方には 2本のとげがある。南日本,世界の暖海に分布する。

シマアジ
Anas querquedula; garganey

カモ目カモ科。全長 37~41cm。雌雄異色。雄は頭上が黒褐色,顔から頸が栗色で,白色の眉斑が後頸まで伸びている。背は黒褐色で,胸は黒褐色の地に黄白色の複雑な縞模様が入る。腹と脇は灰白色だが,脇には黒い波縞の細かい模様がある。肩羽は長く伸びて脇にたれ,各羽は両側が灰青色で中央が白く縞模様をつくる。上下の尾筒は白地に黒斑が密にある。雌は過眼線が褐色でその上下が白いほかは,全身の羽色が褐色の地に黒褐色のまだら模様である。繁殖地はヨーロッパからユーラシア大陸中央部を横切りシベリア東部,カムチャツカ半島東アジア北部までと広く,おもに淡水域に生息する。越冬地はサハラ砂漠を除くアフリカ中・北部と,インドから東南アジアニューギニア島である。日本では北海道で少数が繁殖し,琉球諸島で少数が越冬するが,おもに春秋の渡りの途中に立ち寄るのが観察される。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シマアジ

アジ科の魚。地方名コセ,コセアジなど。体高が大きく,著しく側扁。背面は青灰色,腹面は淡く,体側中央に幅広い黄色の縦帯が走る。岩手県以南に分布し,沿岸に多い。高級魚として刺身,すし種などに用いられ,夏季,特に美味。
→関連項目アジ(鰺)カイワリ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

シマアジ

 [Pseudocaranx dentex].スズキ目アジ科の海産魚.全長1mになるが通常30〜50cm.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

シマアジの関連キーワードかまえ海上釣り堀釣っちゃ王日本のおもな水族館シマアジ(海水魚)ハタハタ(鰰∥鱩)シマアジ(縞鰺)シマアジ(鳥)あじはいい~好適環境水沼津(市)ヒラアジ握りずし式根島ガーラ磯釣りコガモ海釣り鰺・鯵マアジハマチカモ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シマアジの関連情報