コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタ ハタ

3件 の用語解説(ハタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハタ
ハタ

「アオハタ アカハタ クエ マハタ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハタ

ハタ科ハタ亜科の魚の総称。日本ではマハタ(90cm),キジハタ(40cm),クエ(80cm)などが知られる。主として本州中部以南に分布し,磯釣の対象魚。貪食(どんしょく)で貝や甲殻類,イカなどをのみ込むようにして食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハタ
はた / 羽太
grouper

硬骨魚綱スズキ目ハタ科のハタ亜科に属する海水魚の総称。世界の温帯から熱帯に広く分布し、とくに熱帯の沿岸に多く、岩礁やサンゴ礁にすむ根魚(ねうお)である。種類はきわめて多く、日本近海からはスジアラ属、バラハタ属、ヤマブキハタ属、タテスジハタ属、アズキハタ属、クロハタ属、ユカタハタ属、マハタ属、トビハタ属、サラサハタ属の10属が知られ、これらのうちマハタ属とユカタハタ属は種類が多く、マハタ属は37種、ユカタハタ属では12種が知られている。
 日本沿岸で普通にみられる種類は、アカハタ、マハタ、ノミノクチ、キジハタ、アオハタなどである。琉球(りゅうきゅう)諸島などの南方海域にはスジアラ、バラハタ、マダラハタ、シロブチハタ、ナミハタなどが多い。ハタ類のうちカンモンハタ、ミナミイソハタ、ヤミハタなどのように全長20センチメートルくらいの小形種もいるが、大部分のハタは全長40~60センチメートルのものが多く、とくにツチホゼリ、クエ、マハタ、マハタモドキなどには全長1メートルを超える大形種もいる。
 ハタ類の体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)し、頭部はやや大きい。体は小さい鱗(うろこ)で覆われている。口は大きくて犬歯があり、肉食性でエビ、カニ、魚などを貪食(どんしょく)する。群れをつくることはなく、海底の岩穴やサンゴ礁のすきまに単独に生活している。夜行性で、おもに嗅覚(きゅうかく)によって餌(えさ)を探す。ハタ類は雌雄同体の魚で、成長の途中で性転換をする。初め卵巣が発達し、雌としての役割を果たすが、ついで卵巣内に精細管が形成されて精巣に変化し、雄としての役割をつとめる。春から夏にかけてが産卵期で、浮性卵を産む。稚魚は浮遊生活に適応した形をしており、第2背びれ棘(きょく)や腹びれ棘が長く伸び、のこぎり状をしている。また、前鰓蓋骨(さいがいこつ)の隅に1本の長い棘(とげ)がある。
 ハタ類はおもに釣り、延縄(はえなわ)で漁獲されるが、オオスジハタやコモンハタなどは底引網でやや多量に漁獲される。肉は白く光って脂肪があり、洗いや刺身として高級品である。なかでも、マハタ、キジハタ、クエなどは美味である。亜熱帯から熱帯産のスジアラ、バラハタ、アオノメハタなどには、まれに有毒なものがある。これらの魚を食べるとシガテラとよばれる中毒をおこすが、これはシガトキシンciguatoxinという毒素によるもので、神経障害や胃腸障害をおこし、ときには死ぬことがある。餌の藻類や藻食魚からこの毒素が蓄積されると考えられている。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハタの関連キーワードハタハタハタンポ赤羽太今将羽太螇蚸将やはたハマハタザオ今畑ハタ(羽太)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハタの関連情報