コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハットン Hatton, Sir Christopher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハットン
Hatton, Sir Christopher

[生]1540. ノーサンプトンシャー,ホールデンビー
[没]1591.11.20. ロンドン
イギリスの大法官。エリザベス1世の寵臣。オックスフォード大学と法学院に学び,1564年宮廷に入った。美貌のゆえに女王の愛顧により昇進し,親衛隊長,枢密顧問官をつとめ,また 71年以後下院における政府のスポークスマンとして活躍。 87~91年大法官,88年オックスフォード大学総長。

ハットン
Hutton, James

[生]1726.6.3. エディンバラ
[没]1797.3.26. エディンバラ
イギリスの化学者,地質学者。幼くして父を失い,エディンバラ大学卒業後,法律事務所に勤めたが,まもなく復学し,のち,パリ,ライデン各大学で医学と化学を学び,1749年医学の学位を取得。塩化アンモニウムの製造工場を建てて成功する。次第に岩石,鉱物への関心を深め,J.ブラックらとエディンバラ・ロイヤル・ソサエティ会員として活躍。ヨーロッパ各地の地質調査を行い,85年には,当時一般に行き渡っていた天変地異説に対して斉一説を唱えた。彼の理論をめぐって,A.ウェルナー水成説に立つ R.カーワンとの間でなされた論争では,火成岩の存在を主張して対抗した。ハットンの基本的考えは C.ライエルに引継がれ,近代的地質学の基礎となった。主著『地球の理論』 Theory of Earth (1795) 。

ハットン
Hatton

スリランカ南部の町。カンディー南方約 45km,ハットン台地に位置。行政上は南 2kmのディコヤと一体となっている。同国屈指の茶の取引中心地で,近郊のタラワケレに茶研究所がある。人口約1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハットン

英国の地質学者。エディンバラ生れ。エディンバラ大学で法律を,ライデン大学で医学を学ぶ。変成作用,地殻運動,不整合など地質学上の基本的概念を樹立。火成岩の成因に関してウェルナーの水成論と対立,火成論者の代表。花コウ岩の意義を重視したことから深成論者とも呼ばれた。自然作用の斉一説の創始者で,これはのちライエルに継承された。主著は《地球の理論》(1795年)。
→関連項目斉一説地質学原理プレーフェア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハットン【James Hutton】

1726‐97
イギリスの地質学者。エジンバラの商人の家に生まれ,エジンバラ大学で法律を学んだ後,フランス,オランダに留学し,ライデン大学で医学の学位を得た(1749)。帰国して農場を経営し,また事業家としても成功し,1768年エジンバラに移って,地学の研究を始める。自然科学者J.ブラック,技術家J.ワット,経済学者A.スミスらと交流,影響をうける。とくに地球について関心が深く,1785年にローヤル・ソサエティ・オブ・エジンバラで自説を発表,1795年に《地球の理論Theory of the Earth》2巻として出版,第3巻は1899年に出版された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハットン【James Hutton】

1726~1797) イギリスの地質学者。現在の自然現象をもとにして過去の地質現象を合理的に説明できることを主張。また、地球内部の熱の作用を重視し、花崗かこう岩の成因についても火成論を唱えた。主著「地球の理論」 → 斉一説

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハットン
はっとん
James Hutton
(1726―1797)

イギリスの地質学者。スコットランドのエジンバラ生まれ。エジンバラ大学、ライデン大学でそれぞれ法律、医学を学んだのちスコットランドに戻る。野にあって独自に野外での地質観察を行い、1795年に『地球の理論』を著す。世人の注目するところとならず、その死後に友人プレイフェアが彼の説の普及に努めた。学説の根本は「現在自然界におこっている現象をよく理解することによって、過去の自然界の現象を解明しうる」という点にある。これは斉一説とよばれる。過去には現在おこっている現象とはまったく異なる大事件がおこったことがある、とする当時流行のカタストロフィズムの思想に反対の説であった。ハットンの考えはのちにライエルに取り上げられ、地質学研究の基本原理として広く受け入れられている。[木村敏雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハットンの言及

【地層】より

…このステノが観察したものが,地史学における基本的概念の一つといわれる〈地層累重の法則〉に発展する。18世紀になって,現代地質学が確立していくが,その間に貢献のあった2人を挙げるとJ.ハットンとW.スミスである。ハットンは現在みられる運搬・浸食・堆積などの作用は過去の地層を理解するうえに重要な意味があり,それを〈現在は過去の鍵である〉という,後に斉一説と呼ばれる考えで示した。…

※「ハットン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハットンの関連キーワードレバレッジ 詐欺師たちの流儀シークレット・ウインドウフロイド メイウェザーエルマー ショーベルティモシー ハットンポーラ プレンティスブジー ドルーティンフランク キャップジャーナリズム大学デブラ ウィンガーサウル アルバレス地上最大のショウアニーよ銃をとれピート カンドリブラックプールテディ ソマーダイナ メリルマハウェリ川荒鷲の要塞普通の人々

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハットンの関連情報