コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天変地異説 てんぺんちいせつ theory of catastrophe

5件 の用語解説(天変地異説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天変地異説
てんぺんちいせつ
theory of catastrophe

世界の激変によって生物界の種類分布が再三更新されたと考えて,地質時代での化石生物の種類の交代を説明しようとした試み。 G.キュビエが提唱した。彼はパリ盆地からの化石を調べ,地層ごとに異なるのを見てこの考えを得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんぺんちい‐せつ【天変地異説】

天変地異によって地球上の生物はほとんど絶滅し、残ったものが地球上に広がることを繰り返したとする説。キュビエが提唱。のちに天地創造ノア洪水神話を背景として、天変地異のたびに神によって生物が創造されたとする説が起こり、進化論に対立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天変地異説【てんぺんちいせつ】

激変説とも。局部的な天変地異が太古に何度か繰り返され,生き残った生物が次代に繁栄したという説。G.L.C.F.D.キュビエが提唱。弟子のL.アガシーなどはさらに極端化して,天変地異のたびごとに全生物は死滅し,新しく生物の創造が行われたとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てんぺんちいせつ【天変地異説】

過去の地球上では突発的な激しい天変地異が幾度か繰り返され、そのたびに前の時代の生物群がほとんど死滅し、生き残った一部の生物が世界に広く分布するようになったという考え。キュビエが1812年に提唱。その後、アガシーやドルビーニらは天変地異のつど全生物は死滅し、新たに生物が創造されたと考えた。激変説。 → 斉一せいいつ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天変地異説
てんぺんちいせつ
catastrophism英語
catastrophismeフランス語
Katastrophismusドイツ語

激変説ともいう。フランスの古生物学者キュビエ(1769―1832)は、パリ盆地の中生代上部白亜紀層と新生代第三紀諸層の脊椎(せきつい)動物化石を比較し、それらが共通種をほとんど含んでいないことから、動物群の急激な絶滅と新たな分布が地殻変動でおこると唱えた。これが科学的仮説として天変地異説とよばれるものの初めである。ところが、キュビエの弟子たちは、絶滅のたびに新たな「神による創造」が繰り返されたとする「反復創造説」を強調し、これがいわゆる「天変地異説」として一般に流布した。イギリスの地質学者ライエルらの唱えた斉一説は、変化は漸移的とする仮説であり、天変地異説に対立する立場から打ち出された。
 生物相の歴史的変遷を説明する天変地異説は、斉一説に依拠したC・ダーウィン(1809―82)の進化説、とりわけその漸進的進化観と鋭く対立し、むしろ近年の断続平衡的進化観と折り合いがよいとみられる。天変地異一般、巨大隕石(いんせき)の衝突や宇宙線の影響、大陸移動と火山・地震活動、氷河形成などが生物の大量絶滅や局所的絶滅の主要な原因となったであろうという可能性が、現在に至りとくに活発に論じられている。[遠藤 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天変地異説の言及

【古生物学】より

…彼の《化石骨の研究》(1812)は化石復元のモデル的研究である。彼はまた過去において地球生物の遭遇した〈革命〉を論じ,いわゆる〈天変地異説catastrophism〉を唱えた。これに対して,無脊椎動物化石研究の端緒を作ったJ.B.deラマルク(1744‐1829)が反論し,今日の進化論につながる見解を発表した。…

【地形】より

…この場合の地形は〈変化する〉対象であり,一見不動に見える地形は,地学的時間尺度を適用することによって変転を繰り返すものとしてとらえられる。当時は中世以来〈天変地異説〉が支配的であり,これによると地表の起伏は激しい地殻変動によって裂けたり盛り上がったりして急速に生じたとされていた。地球の年齢を数千年程度と考えていたせいでもあるが,結局は斉一説によりこの考えは打ち砕かれた。…

※「天変地異説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天変地異説の関連キーワード過去完了過去の物になる此の間大過去過去形過去問過去るパーストバックデータスター・ウォーズ/過去の亡霊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone