コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナシノブ ハナシノブ Polemonium kiushianum; Jacob's ladder

4件 の用語解説(ハナシノブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナシノブ
ハナシノブ
Polemonium kiushianum; Jacob's ladder

ハナシノブ科の多年草。九州の山地の草原にまれに生える。茎は直立し高さ 1mに達する。葉は奇数羽状複葉で互生し,小葉は披針形で先がとがる。夏に,枝先にやや密に円錐花序をなして,紫色の美しい花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハナシノブ

九州の山地草原にはえるハナシノブ科の多年草。花壇にも植えられる。高さ70〜100cm内外の直立した茎に奇数羽状複葉をつける。花は夏,茎頂に円錐状につき,青紫色で径2cm内外,花冠は深く5裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハナシノブ【Polemonium kiushianum Kitam.】

九州の山地の草原にまれに生育するハナシノブ科の多年草(イラスト)。茎は短くはう根茎から直立し,高さ50~100cm。葉は奇数羽状複葉で互生し,長さ15~20cm。披針形の小葉が10~12対,対生する。シダに似た葉形から和名がついた。6~8月ごろ,青紫色の美しい花が茎頂に集散花序をなして密につき,ややうつむいて咲く。花序には腺毛がある。花冠は漏斗形の合弁花冠で,放射状に深く5裂し,径2.5~3cm。萼の裂片は筒部と同長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナシノブ
はなしのぶ / 花忍
[学]Polemonium kiushianum Kitam.

ハナシノブ科の多年草。茎は直立し、高さ60~90センチメートル。葉は互生し、羽状複葉。小葉は広披針(こうひしん)形で長さ1.5~4センチメートル、幅0.3~1.5センチメートル、先端はとがる。夏、円錐(えんすい)花序をつくり、青紫色花を開く。花冠は高坏(たかつき)形で径1~1.5センチメートル。(さくか)は球形で径4~5ミリメートル。種子は長さ約2ミリメートル。山地の草原に生え、九州北部に分布する。名は、葉の形がシダ植物のシノブを思わせることによる。ミヤマハナシノブ(エゾハナシノブ)P. caeruleum L. subsp. yezoense Haraは、花は径1.8~2.5センチメートル、種子は長さ3~4ミリメートルと大形である。中部地方以北の本州の高山、北海道の山地に分布し、変異が多く、地域ごとに変種や品種に分けられる。
 ハナシノブ属は北半球、南アメリカに広く分布し、約50種知られる。一部のものは園芸植物として栽培される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナシノブの関連キーワード小米草田村草鋸草花碇花忍森薊八代草東菊菊薊ヤマトラノオ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナシノブの関連情報