コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナノキ(花之木) ハナノキAcer rubrum var. pycnanthum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナノキ(花之木)
ハナノキ
Acer rubrum var. pycnanthum

カエデ科の落葉高木。主として木曾川流域にみられ,長野,愛知,岐阜各県の山間の湧水のある湿地にまれに生える。トウカエデ A. buergerianumに似て鋸歯のある葉を対生し,秋に紅葉する。葉の上面は濃緑色で,下面は白色。雌雄異株で,春に葉の出る前に濃紅色ないし紅褐色の花を前年出た枝の先端に多数束生し,開花時は全株が真紅に燃えて美しい。果実は翼果で翼はほぼ直角に開く。北アメリカ東部に分布するレッドメープル A. rubrumの変種とされ,日本には上記の場所にだけ産する。カエデの仲間では特異的なものであり,隔離分布をする著しい例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハナノキ(花之木)の関連キーワード雌雄異株

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android