ハナノキ

百科事典マイペディアの解説

ハナノキ

ハナカエデとも。カエデ科の落葉高木。本州中部の山地湿地にまれにはえ,庭にも植えられる。葉は対生し,トウカエデに似て3裂,裂片は先がとがり,裏面は粉白色をなす。紅葉が美しい。雌雄異株。4月,新葉に先だって開花雄花は多数集まり鮮紅色雌花は紅色を帯びる。果実は6月に熟し,2枚の翼は鋭角に開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナノキ
はなのき / 花木
[学] Acer pycnanthum K.Koch

カエデ科(APG分類:ムクロジ科)の落葉高木。4月初め、新葉に先だって深紅色の花を開く。秋の紅葉は美しい。ほかのカエデと異なり、果実は早く5月初めに熟す。長野、愛知、岐阜、滋賀の四県にまたがるごく限られた地域に分布する希少植物で、国や県の天然記念物に指定されている。滋賀県のものは植栽と考えられる。最近は庭園樹ともする。深紅色の花が美しいので、「花の木」の名がある。

[緒方 健 2020年9月17日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハナノキの言及

【カエデ(楓)】より

…本州,四国,九州の温帯にあるコミネカエデA.micranthum Sieb.et Zucc.はミネカエデに似るが,葉,花,果実が小さい。(4)ハナノキA.pycnanthum K.Koch(イラスト) 岐阜,長野,愛知3県にまたがる恵那山山麓地方と長野県北西の居谷里(いやり)湿原にのみ自生する。北アメリカ東岸地方に広く分布するアメリカハナノキA.rubrum L.(英名red maple)ときわめて近縁で,その変種とされることもある。…

※「ハナノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android