コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハボタン(葉牡丹) ハボタンBrassica oleracea var. acephala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハボタン(葉牡丹)
ハボタン
Brassica oleracea var. acephala

アブラナ科の二年草キャベツ変種江戸時代に輸入され,日本を中心に観賞の目的で改良された。花壇植や鉢植にされ,生け花としても観賞される。は太く直立し紫色を帯びる。葉は大型の広倒卵形で先端は丸く,基部は不規則な羽状に裂け,葉質は厚く表面に白粉をかぶる。茎の頂部に数十枚の葉が密集してつき,互いになかば抱き合って互生する。中心部の葉は次第に小型になり,縁が著しく波状にちぢれ,秋から冬にかけて,紅紫淡黄または白色を帯びる。正月の観葉植物としてごく普通であるが,食用にすることはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハボタン(葉牡丹)【ハボタン】

原種はヨーロッパ原産のアブラナ科の植物で,キャベツの一種であるケールを観賞用に改良したもの。江戸時代に渡来し,日本で改良されて多くの品種ができた。葉の色に紅紫色系と白色系があり,波状にひだのある葉が細かく縮れるちりめんハボタン(名古屋ハボタン),葉縁にひだのない丸葉ハボタン(東京丸葉系と大阪丸葉系),切葉ハボタンに大別される。ちりめんハボタンは鉢植や花壇用に適し,他は切花用ともなる。近年は草たけ70cmにもなる切花専用の高性品種(丸葉ハボタン)もつくられている。7月に播種,葉が着色する12〜1月に観賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハボタン【ハボタン(葉牡丹) Brassica oleracea L.var.acephala DC.】

冬,花壇の唯一の材料として広くつくられているアブラナ科の草本(イラスト)。原種は江戸時代に日本に渡来し,オランダ菜と呼ばれていた不結球の緑葉のキャベツで,その後冬を迎えて着色するものに改良された。現在では,その系統により,丸葉種(東京ハボタン)とちりめん葉種(名古屋ハボタン)に分けられるが,中間雑種大阪ハボタンと称され,両者の特性を相半ばしてそなえている。最近キョウナ(京菜)との間に交配が行われて葉が細く切れた切れ葉もあらわれ,また鉢植用に矮性(わいせい)種も作出されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハボタン(葉牡丹)の言及

【キャベツ】より

…日本への渡来は約800年前とされ,その後,17~18世紀に再導入され,《大和本草》(1709)に〈おらんだな〉〈さんねんな〉などの記録がある。しかし,これは非結球性の観賞用のハボタンのことで,野菜としての利用ではなかった。結球性のキャベツが導入されたのは安政年間(1854‐60),本格的には明治に入ってからのことで,明治初年には北海道や東北地方など欧米の気候に似た地域への導入が盛んに行われた。…

※「ハボタン(葉牡丹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android