コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマビシ(浜菱) ハマビシTribulus terrestris; caltrop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマビシ(浜菱)
ハマビシ
Tribulus terrestris; caltrop

ハマビシ科の一年草または越年草。新・旧両大陸の熱帯地方に広い分布をもつ,いわゆる汎熱帯種の一つで,日本では東海地方より西の暖地の海岸砂地に生える。茎は分枝してはい,長さ 1mに達することがあり,軟らかい毛がある。葉は対生し偶数羽状複葉で長さ2~6cm,長楕円形の小葉を4~8対もつ。小葉の下面には特に白い綿毛が密生する。夏に,葉腋から黄色の花を単生する。花は小型で,萼は5片,花弁も5枚で楕円形,子房にも密に毛がある。果実角状の2本の太いとげがある。生薬では果実をしつり子 (しつりし) と呼び,強壮,浄血,催乳薬とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマビシ【ハマビシ(浜菱) cultrop】

ハマビシ科の夏緑性の一年草(イラスト)。形態的には多形な種であるが,茎は有毛で広く地面をはうように広がり,一部は互生し,多くは対生する偶数羽状複葉をつける。宿存する托葉を有する複葉は,長さ1cmあまりの数対の長楕円形の小葉からなる。夏季に葉腋(ようえき)から細い花梗を出し,1個の花をつける。花は杯状で径1~2cmほど,円卵形で黄色の5花弁を有する。おしべは10本で,そのうち長い5本は花弁に対生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハマビシ(浜菱)の関連キーワードハマビシ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android