コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリグワ(針桑) ハリグワCudrania tricuspidata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリグワ(針桑)
ハリグワ
Cudrania tricuspidata

クワ科の落葉小高木または低木。中国大陸原産で,日本には明治の初期に渡来し,庭園などに栽植されている。雌雄異株。高さ6~10m,幹や枝の葉腋に小枝が変形したとげが多い。葉は卵形で長さ6~10cm,浅く3裂するものは雌木で,全縁の葉は雄木といわれるが,日本に栽植されるものはほとんどが雌株である。雌雄とも花序は球形で,各花は4個の花被片から成る。果穂は球形で直径約 25mm,紅色に熟し,甘みがあり生食される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone