コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリグワ Cudrania tricuspidata (Carr.) Bureau

2件 の用語解説(ハリグワの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハリグワ【Cudrania tricuspidata (Carr.) Bureau】

中国,朝鮮に原産し,ときに栽培されるとげのあるクワ科の落葉小高木。中国名は柘。若枝はよく伸び,また腋芽(えきが)は短くまっすぐ伸びてとげとなる。葉は互生し,ほぼ楕円形。全縁で,表面はつやのある緑色,裏面は淡緑色。雌雄異株で,6月ころ開花する。雄花序は葉腋に出て短い柄に頂生し,ほぼ球形,多数の花が密生する。花は4枚の花被とそれに対生するおしべ4本からなる。雌花序も球形で,花には花被4枚とめしべ1本があり,長い花柱が花被のすきまから超出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリグワ
はりぐわ
[学]Cudrania tricuspidata Bur.

クワ科の落葉小高木。小枝はときに直立する刺(とげ)となる。葉は互生し、倒卵形または広卵形で長さ6~10センチメートル、先は鈍くとがり全縁またはしばしば浅く3裂する。裏面には細毛がある。雌雄異株。6月に開花し、雄花序は淡黄色、球状で長さ約1センチメートルの柄がある。集合果は秋に赤く熟し、径約2.5センチメートル、花被は多肉となって痩果(そうか)を包む。朝鮮半島や中国に分布する。葉をカイコが食べるのでクワの代用として栽培もされる。日本の庭園には雄木が多くみられる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハリグワの関連キーワードキャンベルシェフレラブバルディア月下香仙翁朝鮮人参難波薔薇スタキス平江帯アキー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone