コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリグワ Cudrania tricuspidata (Carr.) Bureau

2件 の用語解説(ハリグワの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハリグワ【Cudrania tricuspidata (Carr.) Bureau】

中国,朝鮮に原産し,ときに栽培されるとげのあるクワ科の落葉小高木。中国名は柘。若枝はよく伸び,また腋芽(えきが)は短くまっすぐ伸びてとげとなる。葉は互生し,ほぼ楕円形。全縁で,表面はつやのある緑色,裏面は淡緑色。雌雄異株で,6月ころ開花する。雄花序は葉腋に出て短い柄に頂生し,ほぼ球形,多数の花が密生する。花は4枚の花被とそれに対生するおしべ4本からなる。雌花序も球形で,花には花被4枚とめしべ1本があり,長い花柱が花被のすきまから超出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリグワ
はりぐわ
[学]Cudrania tricuspidata Bur.

クワ科の落葉小高木。小枝はときに直立する刺(とげ)となる。葉は互生し、倒卵形または広卵形で長さ6~10センチメートル、先は鈍くとがり全縁またはしばしば浅く3裂する。裏面には細毛がある。雌雄異株。6月に開花し、雄花序は淡黄色、球状で長さ約1センチメートルの柄がある。集合果は秋に赤く熟し、径約2.5センチメートル、花被は多肉となって痩果(そうか)を包む。朝鮮半島や中国に分布する。葉をカイコが食べるのでクワの代用として栽培もされる。日本の庭園には雄木が多くみられる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone