コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルゼー Halsey, William F., Jr.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルゼー
Halsey, William F., Jr.

[生]1882.10.30. ニュージャージー,エリザベス
[没]1959.8.16. ニューヨーク,フィッシャーアイランド
アメリカ合衆国の海軍軍人。フルネーム William Frederick Halsey, Jr.。1904年海軍兵学校卒業。第1次世界大戦では駆逐隊を指揮し,1938年に海軍少将,1940年に中将。1941年12月太平洋戦争開戦直前,航空母艦 (空母) 『エンタープライズ』を基幹とする高速空母攻撃隊を指揮,同 1941年12月8日の真珠湾攻撃の際にはハワイの西方海上にあって,奇襲を免れた。1942年4月ジェームズ・H.ドゥーリトル中佐指揮下の B-25爆撃機 16機による東京その他日本本土空襲を成功させた(→ドゥーリトル空襲)。1942年10月18日以降南太平洋海域司令官を命じられ,1944年9月には新型空母,改造軽空母を主力とする第3艦隊の司令官となり,フィリピン反攻作戦を指揮した(→レイテ湾海戦)。1945年5月下旬沖縄戦の途中から指揮官となり,日本の降伏まで第一線艦隊の司令長官たる栄誉を担った。1945年海軍元帥となり,1947年退役。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハルゼー

米国の海軍大将。ニュージャージー州エリザベスで海軍中尉の息子として生まれた。一族には船乗り冒険家が多い。1904年海軍兵学校を卒業,以後20年余駆逐艦で洋上勤務についた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ハルゼー Halsey, William Frederick

1882-1959 アメリカの軍人。
1882年10月30日生まれ。海軍大将。昭和17年東京をはじめて空襲,19年レイテ島海戦では第三艦隊司令長官として日本の連合艦隊撃破,以後日本本土爆撃などを指揮した。1959年8月16日死去。76歳。ニュージャージー州出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ハルゼー【William Frederic Halsey】

1882‐1959
アメリカの海軍大将。ニュージャージー州エリザベスの生れ。ニミッツ太平洋艦隊司令長官の下で,1942年空母部隊を率いて東京を初めて空襲(ドゥリトル東京空襲),44年のレイテ湾海戦では第3艦隊司令長官として機動部隊を指揮,日本艦隊を撃破し,以後沖縄進攻,日本本土攻撃等においても戦果を収めた。とくに勇猛果敢な作戦指揮で雄牛Bullの異名をとった。47年に退役し,51‐57年国際電気通信研究所長を務める。【田尻 正司】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハルゼーの関連キーワード南太平洋海戦日本降伏文書教育社会学軍人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android