コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルムスタード ハルムスタード Halmstad

3件 の用語解説(ハルムスタードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルムスタード
ハルムスタード
Halmstad

スウェーデン南西部,ハランド県の県都。カテガト海峡,ラーホルム湾に面した商港で,ニッサン川の河口に位置する。県がスウェーデンへ割譲された 1658年まで,ハルムスタードデンマーク領であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハルムスタード【Halmstad】

スウェーデン南西岸のラホルム湾北端にある工業港市でハランド県の県都。人口8万3000(1996)。ニッサ河口に立地し,織物,パルプ,紙,機械,自転車,手袋などが生産され,付近からは石材も切り出される。13世紀以来の都市で,一時デンマーク領となるが,17世紀中ごろスウェーデン領となった。14世紀の教会,15世紀の城がある。昔の要塞は18世紀に撤去されたが,各種の博物館があり,付近の海水浴場が客を集める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルムスタード
はるむすたーど
Halmstad

スウェーデン南部、イョータランド地方の港湾都市。人口8万5742(2001)。北海に通ずるラホルム湾の北岸に位置する。良港を有し、金属工業がある。ユトランド半島に近く、1645年までデンマーク領であったため、言語・風習にその影響が残り、つねに政治上の問題点となってきた。19世紀後半に、鉄道敷設、港湾施設改良により急速な発展を遂げた。城塁、ゴシック様式の教会など、デンマーク領時代のおもかげを残す町並みが美しい。画家のハルムスタード・グループはスウェーデン近代絵画一時期を代表する存在である。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハルムスタードの関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡グリップスホルム城スウェーデン刺繍スウェーデン門ボーンホルム島ボリホルムスウェーデン放送交響楽団スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハルムスタードの関連情報