コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンス・アダム2世 ハンス・アダムにせいHans Adam II, prince of Liechtenstein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンス・アダム2世
ハンス・アダムにせい
Hans Adam II, prince of Liechtenstein

[生]1945.2.14. チューリヒ
リヒテンシュタイン大公(在位 1989~ )。フルネーム Johannes Adam Pius Ferdinand Alois Josef Maria Marko d'Aviano von und zu Liechtenstein。大公フランツ・ヨーゼフ2世の長男として生まれ,幼い頃から家族ともども国民と接する日常生活を送った。地元の小学校に学び,その後オーストリアのウィーンとスイスで教育を受けた。ロンドンの銀行で短期間の研修を受けたのち,1965年スイスのザンクトガレン大学に入学,1969年卒業。皇太子として国の経済と財政の発展および対外関係に強い関心をいだいた。父は 1984年7月に統治権の大半を皇太子に譲る意思を表明し,8月26日にファドゥーツ城でその式典がとり行なわれた。1989年父の死去をうけて大公に即位。以前からヨーロッパ統合を信条とすると述べていたが,1991年,リヒテンシュタインヨーロッパ連合 EUへの加盟を目指さないことを表明した。それでも,1990年国際連合,1991年ヨーロッパ自由貿易連合 EFTA,1995年ヨーロッパ経済領域 EEA,1995年世界貿易機関 WTOに加盟。父ヨーゼフ2世が築いた繁栄を維持した。2004年長男のアロイス皇太子に日常の公務を引き継いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

現代外国人名録2012の解説

ハンス・アダム2世
ハンスアダムニセイ
Hans Adam II


国籍
リヒテンシュタイン

肩書
リヒテンシュタイン大公(元首)

生年月日
1945/2/14

出生地
スイス・チューリヒ

学歴
ザンクト・ガレン大学経済学専攻

経歴
スイスなどで社会科学を学ぶ。1970年から王室の財政担当となり、’84年8月父フランツ・ヨーゼフ2世から全権を受け継ぎ、実質的元首に。’89年11月ヨーゼフ2世の死去に伴い13代目の君主(リヒテンシュタイン大公)に即位。’93年以来論議されている憲法改正について、’99年元首による内閣解散権などの政治的権限を盛り込んだ改正案を提出、同案が国民投票で否決された場合はオーストリアに移住することを表明。2003年君主権限強化の憲法改正を実現。2004年8月アロイス皇太子を君主代行に指名、政務の全権を移譲した。リヒテンシュタイン家が所有する企業“宮廷ワイナリー”の経営者も務める。

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ハンス・アダム2世

生年月日:1945年2月14日
リヒテンシュタイン大公(元首)

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ハンス・アダム2世の関連キーワードリヒテンシュタイン(国)生年月日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンス・アダム2世の関連情報