コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンス・アダム2世 ハンス・アダムにせい Hans Adam II, prince of Liechtenstein

2件 の用語解説(ハンス・アダム2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンス・アダム2世
ハンス・アダムにせい
Hans Adam II, prince of Liechtenstein

[生]1945.2.14. チューリヒ
リヒテンシュタイン大公(在位 1989~ )。フルネーム Johannes Adam Pius Ferdinand Alois Josef Maria Marko d'Aviano von und zu Liechtenstein。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

ハンス・アダム2世
ハンスアダムニセイ
Hans Adam II


国籍
リヒテンシュタイン

肩書
リヒテンシュタイン大公(元首)

生年月日
1945/2/14

出生地
スイス・チューリヒ

学歴
ザンクト・ガレン大学経済学専攻

経歴
スイスなどで社会科学を学ぶ。1970年から王室の財政担当となり、’84年8月父フランツ・ヨーゼフ2世から全権を受け継ぎ、実質的元首に。’89年11月ヨーゼフ2世の死去に伴い13代目の君主(リヒテンシュタイン大公)に即位。’93年以来論議されている憲法改正について、’99年元首による内閣解散権などの政治的権限を盛り込んだ改正案を提出、同案が国民投票で否決された場合はオーストリアに移住することを表明。2003年君主権限強化の憲法改正を実現。2004年8月アロイス皇太子を君主代行に指名、政務の全権を移譲した。リヒテンシュタイン家が所有する企業“宮廷ワイナリー”の経営者も務める。

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンス・アダム2世の関連キーワードチューリヒ湖ブルンチュリチューリッヒチューリップミニチューリーちゅーりーチューリヒ協定《チューリヒ聖書》チューリヒ天文台チューリヒ・ロンドン協定

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンス・アダム2世の関連情報