コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーシュバック ハーシュバックHerschbach, Dudley Robert

2件 の用語解説(ハーシュバックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーシュバック
ハーシュバック
Herschbach, Dudley Robert

[生]1932.6.18. サンホセ
アメリカの化学者。スタンフォード大学卒業後,ハーバード大学化学物理学の博士号を取得 (1958) 。カリフォルニア大学バークリー校を経てハーバード大学に戻り (63) ,1976年同大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーシュバック
はーしゅばっく
Dudley Robert Herschbach
(1932― )

アメリカの化学者。カリフォルニア州サン・ホゼに生まれる。スタンフォード大学で数学と化学を学び、1955年に化学で修士号を取得したのち、ハーバード大学に進学、1958年化学物理学で博士号を取得した。1959年カリフォルニア大学バークリー校で准教授につき、1961年上級准教授となった。1963年ハーバード大学に戻り、化学教授となり、1977年から1980年まで化学部門の主任教授を務めた。またアメリカ化学学会の純正化学賞をはじめ、数々の賞やメダルを受け、アメリカ科学アカデミーの会員でもある。
 ハーシュバックは、化学反応について学生のときから研究を始めた。当時の化学実験法は、従来どおりの物質を混合して生成物を分析するものであった。彼は、分子線(分子ビーム)を用いて化学反応を調べる方法を思いつき、カリフォルニア大学において分子線の研究に着手した。同じころ、J・C・ポランニーも同様の研究を行っていた。ハーシュバックはハーバード大学に移ったのちも研究を続け、分子線を真空中で交差させ、化学反応の基本となる素過程を観測する方法(分子線交差法)を確立した。その後、Y・T・リーが研究に参加し、彼の設計した装置により、分子線交差法は精度が飛躍的に向上した。1986年に「化学反応の素過程の動力学的研究」に貢献したとして、リー、ポランニーとともにノーベル化学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハーシュバックの関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone