コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学物理学 かがくぶつりがくchemical physics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学物理学
かがくぶつりがく
chemical physics

物質の分子構造化学反応機構など化学の基礎的な問題を物理学方法を用いて論じる物性物理学の分野。物理化学よりは物理学的な面が強い。実験には電波分光法 (核磁気共鳴 NMR電子スピン共鳴 ESRなど) ,分子線原子線中性子線・電子線・X線などの回折や分光,電磁気的諸特性の測定など物理的方法が用いられ,理論には量子力学統計力学が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かがく‐ぶつりがく〔クワガク‐〕【化学物理学】

物質の分子構造や化学反応の機構などを、量子力学統計力学などを用いて研究する、物理学の一分野。物理化学より物理的な面が強い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かがくぶつりがく【化学物理学 chemical physics】

化学に関係する問題を物理学的な方法で研究する物理学の一分野。似た語として物理化学があり,これは化学の一分科とされている。しかし物理学と化学は本来,相伴って発達するものであり,化学物理学と物理化学との間には歴史的なニュアンスの違いがあるのみで内容的にはほとんど差はない。1920年以後の量子力学の発展により,化学結合物質の化学的性質がはじめて演繹(えんえき)的に解明されるようになり,また紫外・可視スペクトル,赤外スペクトル,NMRスペクトルなど分子分光学も明快な説明を与えられ,実験的にも大きく発達して化学研究の主要な武器となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かがくぶつりがく【化学物理学】

物性物理学の一部門。物質の分子構造や種々の物質に共通な性質などを量子論・統計力学などの物理学理論に基づいて研究する分野。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学物理学
かがくぶつりがく
chemical physics

物理と化学との境界領域の学問分野。物理化学は物理的化学、化学物理は化学的物理学の意味であり、化学側から物理学の領域に拡大された分野が物理化学、その逆が化学物理学であるといえる。化学物理学では主として物質の微視的観測結果を物質の巨視的性質の説明に用いる過程をとる。今日の化学物理学の発展に果たしたデバイの功績は大きい。彼は双極子モーメントの測定理論、X線回折の理論などをたて、種々の分子の構造を明らかにした。
 今日この分野で用いられている実験手段は電磁波、熱、音波などで、理論的には量子力学、統計力学、統計熱力学などが必要である。研究対象には、原子、分子の構造、化学結合論、分子間力、実在気体の状態、液体の構造、電解質溶液論、高分子溶液論、拡散や粘性、界面現象、固体の性質や構造、高分子物質のゴム弾性や粘弾性、相転移、半導体、化学反応論などをはじめ、超伝導、低温物理学などがある。最近は電子計算機が容易に使用できるようになったので、理論、実験とも大幅な進歩発展がみられる分野である。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学物理学の関連キーワードセミョーノフ(Nikolay Nikolaevich Semyonov)ジョセフ・エドワード マイヤーロバート・J. ハヴィガーストC. ペイン・ガポシュキンオーガスト アレニウスデュ・ボア・レイモンイヴ ショーヴァンライフサイエンスWPIプログラムハーシュバックワルシャワ大学セミョーノフシュワイガーA. ホッロロシュミットヒットルフゼワイル杉浦重剛化学構造理論化学

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化学物理学の関連情報