バイエル(読み)ばいえる(英語表記)Bayer AG

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイエル(化学メーカー)
ばいえる
Bayer AG

ドイツの総合化学メーカー。かつては、BASFヘキスト(現サノフィ・アベンティス)とともにドイツ三大化学メーカーとよばれていた。
 自動車と並んで現代ドイツの主力産業である化学産業は、1860年代に主として染料工業を基礎に形成された。バイエルは1863年にアニリン染料の製造を目的に、フリードリヒ・バイエルFriedrich Bayer(1825―1880)とヨハン・フリードリヒ・ウェスコットJohann Friedrich Weskott(1821―1876)により設立された。その後、1881年に社名をファルベン・ファブリケンFarben Fabrikenと改称し、企業形態もそれまでの合名会社から株式会社へと変更した。1884年にC・デュースベルクCarl F. Duisbergが入社し、同社の発展に貢献するとともに、のちのイー・ゲー・ファルベンの成立に主導的役割を果たした。1888年には医薬品部門を創設、1899年にはアスピリンの開発、製造に着手するなど医薬品は染料と並ぶ重要部門となった。ドイツ化学産業にとっての一大転機は、1925年に実施された化学メーカー6社による大合同である。すなわち、バイエル、BASF、ヘキスト、アグフアなどの企業が統合されて、新会社イー・ゲー・ファルベンが設立された。イー・ゲー・ファルベンは、当時世界最大の化学メーカーとなり、第二次世界大戦終了時までドイツ経済の中枢的存在であったが、第二次世界大戦の敗戦により連合国の管理下に置かれ1951年に解体、バイエル、ヘキスト、BASFの実質3社に分割された。同年バイエルはファルベンファブリケン・バイエルとして再出発し、1972年、現社名に変更した。1981年、総合写真メーカーであるアグフア・ゲバルトを傘下に収めた(アグフア・ゲバルトは1999年に株式を上場して独立)。本社はノルトライン・ウェストファーレン州のレバークーゼンに置かれ、ここを中心に多数の工場群が形成されている。また、世界約150か国に子会社、代理店がある。
 2009年度の売上高は311億6800万ユーロ、純利益13億5900万ユーロ。売上構成はヘルスケア事業(医薬品等)グループ51.3%、農薬関連事業グループ20.9%、素材科学事業(高分子材料等)グループ24.1%。従業員数10万8400人。[所 伸之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイエルの関連情報