バイエル[会社](読み)バイエル

百科事典マイペディア「バイエル[会社]」の解説

バイエル[会社]【バイエル】

ドイツイーゲー・ファルベン後継会社の一つ。1863年設立,合成染料,医薬品などを製造。1925年ドイツの化学工業会社6社でイーゲー・ファルベン社を結成,1952年同社の分割再発足合成繊維,医薬,農薬など化学工業の全分野に多角化。1899年に発売を始めた解熱剤アスピリンは世界的に有名。写真材料のアグファ・ゲバルト・グループ会社以下多数の子会社をもっている。本社レーバークーゼン。2011年12月期売上高365億2800万ユーロ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「バイエル[会社]」の解説

バイエル[会社]【Bayer AG】

ドイツの大手総合化学会社の一つ。本社,ケルン近郊のレーバークーゼン。1863年バイエルFriedrich Bayer(1825‐80)とベスコットJohann WeskottによりFriedrich Bayer & Co.としてブッパータールに設立。当初はアニリン染料の製造からスタートし,80年代にはヨーロッパ一円に販売網を整え,91年にはレーバークーゼンに本社を移転した。19世紀末に医薬品事業に進出,99年解熱剤アスピリンを発売。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバイエル[会社]の言及

【医学】より

…そこで,新薬開発によって大きな利益を得ることを目的とする化学工業がスポンサーとして登場する。
[企業の医学への進出]
 すでに,ベーリングらのジフテリア治療血清の研究はヘキスト社が,そしてエールリヒのサルバルサン開発はバイエル社が支援した。同時に,ドイツの大手化学工業会社は,独自に研究所を設立して開発を始めた。…

【研究所】より

…各国で特許制度が整備されたことも,企業が自前の研究所をもつ必要性を高めた。このような状況に最も早くかつ的確に対応したのはドイツの化学会社バイエル社であった。同社の有能な化学技師デュースベルクC.Duisberg(1861‐1935)の尽力で,1891年,バイエル社は他社に先駆けて研究所の設立に踏み切った。…

※「バイエル[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android