コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイ Baj, Enrico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイ
Baj, Enrico

[生]1924.10.31. ミラノ
イタリアの画家。ミラノで法律を学んだのち,ブレラ芸術学校で絵画を学ぶ。 1951年「核運動」,53年「想像的バウハウスのための国際運動」などの新しい抽象美術運動を推進。しかしその後具象に移り,56年からコラージュの仕事を始めた。デュシャン,A.ブルトン,M.エルンストらと親交をもち影響を受ける。 63年 R.クノーとともにミラノにパタフィジック研究所を設置し,奇想天外な科学的思考を展開。シュルレアリスムと結びついているがナンセンスとユーモアにあふれたイメージに特色がある。

バイ
Babylonia japonica; Japanese ivory shell

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。高 7cm,殻径 4cmに達する。殻は長卵形,殻表は黄色の殻皮でおおわれ,これを通して黒紫色の斑紋列や斑点列が見えるが,老成すると殻皮が黒くなり,見えなくなる。大きい斑紋は,体層では縫合の下と周縁とにある。殻口は卵形で,内側は青白色,臍孔は開く。ふたは革質で厚く,とがった下方に核がある。北海道南部から九州の潮間帯より水深 20mまでの砂底にすむ。沖縄には近縁種のウスイロバイ B.kiranaが分布する。バイの産卵期は5~8月で,四角形の薄い卵嚢を多数並べて産卵する。これが数多く集ると水泡のように見えるので泡ほおずきと呼ばれる。軟体は食用に供され,殻は貝細工の材料となる。採取は,入口の小さいバイ籠に魚肉などを入れて,それを食べに集ったものを引上げてとる。近年では,船底塗料として用いられてきたトリブチルチンなどの有機スズ化合物による雌の不妊化現象によって個体数が著しく減少している。江戸時代にはこれをべいごまとして遊んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バイ

エゾバイ科の巻貝。長卵形で高さ7cm,幅4cm。成の殻表は黒褐色の殻皮でおおわれ,斑紋が見えないことが多い。北海道南部〜九州,朝鮮半島浅海の細砂底にすむ。肉食性

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

バイ

 [Babylonia japonica].バイガイともいう.バイ目(新腹足類)エゾバイ科の海産巻貝.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

バイの関連キーワード梅・倍・唄・培・売・媒・梅・煤・貝・買・賠・賣・陪・黴エンバイロメントマッピングバイ・バイ・バーディベッドサイドモニターリバイタリゼーションパワーオンパスワードバイタルセンシングメルビル・サウンド基本入出力システムオオエッチュウバイ青い空と海のビールドライブバイワイヤベイリシュテインラグナ・デ・バイノイバイ国際空港オゼノユキドケコバイケイソウエッチュウバイバイセクシャルエゾボラモドキ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイの関連情報