バチルス(英語表記)Bacillus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バチルス
Bacillus

真正細菌類バチルス科の1属。細菌類中古くから知られている属で,この名をもつ菌は非常に多いが,新しい分類学的研究によって,その約 50種が認められ,ほかは他の属に所属替えされている。体は桿状,ときとして鎖状になり内生胞子を形成する。その際,細胞は直径を増すので,撥形 (ばちがた) ,楔形紡錘形などになる。周毛をもって運動するものと,まったく運動をしないものがある。一般にグラム反応は陽性であるが,不定であったり陰性を示すものもある。蛋白質を分解してアンモニウムを生じ,炭水化物を発酵して酸を生じる。少数のものはガス発生をする。好気性で一時的には嫌気性。土壌生が多く,獣類,昆虫などに寄生するものもある。前者には馬鈴薯菌 B. megaterium,枯草菌 B. subtilisなどがあり,後者には獣類の炭疽菌 B. anthracis,マメコガネの病菌 B. lentimorbus,蜂巣腐れ病原菌 B. larvaeなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バチルス【Bazillus】

細菌の一。バチルス科に属する。枯草菌・ボツリヌス菌など。環境条件によって菌体内に耐熱性の胞子を生ずる桿菌かんきん。土壌中・空中・水中に広く分布する。
桿菌、あるいは細菌全体をさす一般語。
人につきまとい害をなすもののたとえ。 「苟も山木の家族が名を出して居る教会に、社会党だの、無政府党だのと云ふ-を入れて置かれては/火の柱 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バチルス
ばちるす
bacillus

一般用語としては細菌、またはそのうちの円柱形をした桿(かん)菌をさすが、分類学的にはさらに範囲が狭く、真正細菌目バチルス科バチルス属の細菌をいう。
 バチルス属の細菌は好気性または任意嫌気性で、グラム染色反応陽性の桿菌である。嫌気的に空中窒素を固定するものや強力な脱窒作用を行うもの、バレイショ菌、枯草(こそう)菌、ウシなどの第一胃に共生する細菌、家畜の病原となる炭疽(たんそ)菌などがバチルスに含まれる。環境条件によっては、細胞内に一つの休眠胞子を形成する。空中、水中、土壌中に広く分布している。[寺川博典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

バチルス

〘名〙 (Bazillus)
① 桿菌(かんきん)の総称。好気性で芽胞を形成する。広義では広く細菌のことをいう。
※風俗画報‐一九八号(1899)遊芸門「バチルスの如く、次第に蔓延し」
② (転じて) つきまとって害をなすもの。寄生して利を奪ったり害したりするもの。また、その人。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉自然に対する五分時「賭博、淫風、奢侈、遊惰、争利のバチルルス殆んど戸毎に侵入せんとするを思へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバチルスの言及

【杆菌】より

…杆菌には,細菌が連鎖状に連なった連鎖杆菌や,コリネ型菌のように,複数の細菌がくっついてV・Y・L字形や平行状の配列をとるものがいる。杆菌には胞子を形成するものとそうでないものがあり,胞子を形成する杆菌には,好気性ないし通性嫌気性であるバチルスBacillusと,嫌気性菌であるクロストリジウムClostridiumとがある。細菌【川口 啓明】。…

【バシルス】より

…土壌,水,空気,食品などに広く分布している細菌の1属。バチルスともいう。グラム陽性,好気性の杆菌。…

※「バチルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バチルスの関連情報