バルト3国(読み)バルトさんごく(英語表記)Baltic states

翻訳|Baltic States

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルト3国
バルトさんごく
Baltic states

バルト海東岸に臨むエストニアラトビアリトアニアの3国をいう。フィン=ウゴル系のエストニア人およびバルト系のラトビア人リトアニア人の言語・文化圏の成立とともに歴史は古いが,デンマーク,ドイツ,スウェーデン,ポーランドなど隣接諸列強の支配を受け,18世紀に入ってロシアに併合された。ロシア革命後,1918年に独立を宣言し,共和国となってベルサイユ体制のもと独立維持に努力し,1934年にはバルト3国同盟を締結。第2次世界大戦中の 1940年,軍事的圧力による人民政府の成立後,ソビエト連邦に編入された。 1941年以降ナチス・ドイツにより軍事占領されたが,1944年以降,ソ連に復帰した。しかし,1980年代後半独立の要求が高まり,1990年各国は独立を宣言。 1991年国際連合に加盟した。 2004年にヨーロッパ連合 EU,北大西洋条約機構 NATOに加盟。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バルト3国

北から順にエストニア(人口約131万人)、ラトビア(約219万人)、リトアニア(約297万人)。いずれも1991年に旧ソ連から独立し、2004年に欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)に加盟した。エストニアは11年1月に、ラトビアは14年1月にEUの共通通貨ユーロを導入。リトアニアは15年1月の予定。それぞれ独自の言語が公用語だが、ロシア系住民も多い。エストニアは、インターネット電話のスカイプを生んだIT大国として知られる。大相撲の元大関把瑠都さんの出身国でもある。ラトビアは高成長を続けたが、金融危機で暗転し、09年にEUなどの支援を受けた。通貨切り下げを避けて緊縮財政に取り組み、ユーロ導入を果たした。リトアニアはロシアと飛び地カリーニングラードで接する。古都カウナスでは第2次大戦中、「日本のシンドラー」と呼ばれる杉原千畝がユダヤ人救出のためビザを発給し続けた。

(2014-08-31 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルト3国の関連情報