コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンクーバー島 バンクーバーとう Vancouver Island

3件 の用語解説(バンクーバー島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンクーバー島
バンクーバーとう
Vancouver Island

カナダ,ブリティシュコロンビア州南西端の島。面積3万 1285km2北アメリカ太平洋岸最大の島。アメリカ合衆国とはフアンデフーカ海峡カナダ本土とはクイーンシャーロット海峡とジョージア海峡でへだてられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バンクーバー‐とう〔‐タウ〕【バンクーバー島】

カナダのブリティッシュコロンビア州南西端、太平洋にある島。製材業が盛んで、漁業の根拠地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンクーバー島
ばんくーばーとう
Vancouver Island

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州、太平洋岸南端の島。長さ454キロメートル、幅約80キロメートル。面積3万2137平方キロメートル。北西―南東方向に長い。東のカナダ本土とはクイーン・シャーロット海峡、ジョージア海峡、南のアメリカ合衆国とはフアン・デ・フカ海峡で隔たる。1849年ハドソン湾会社からイギリスに譲られ、1866年ブリティッシュ・コロンビア州に加わった。島を縦断する標高600~1200メートルの山脈は広義のコースト山脈の一部を構成し、最高点はゴールデン・ハインデ山(2210メートル)である。山地は氷食によるU字谷を示し、多くのフィヨルドにつながる。みごとなスギ、モミの針葉樹林に覆われ、林業、製材、木材加工が重要な産業である。農業は東部海岸平野に集中し、酪農、果樹・野菜栽培が行われる。漁業も盛んである。主要都市は州都ビクトリアダンカンなどである。1778年にクックが探検した。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンクーバー島の関連キーワードコロンビア川ナナイモルイーズ湖ブリティッシュコロンビア大学ブリティッシュコロンビアケロウナビーバー街道ペンティクトンロッキー[山脈]ブリティッシュ・コロンビア大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンクーバー島の関連情報