バンクーバー島(読み)ばんくーばーとう(英語表記)Vancouver Island

日本大百科全書(ニッポニカ)「バンクーバー島」の解説

バンクーバー島
ばんくーばーとう
Vancouver Island

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州、太平洋岸南端の島。長さ454キロメートル、幅約80キロメートル。面積3万2137平方キロメートル。北西―南東方向に長い。東のカナダ本土とはクイーン・シャーロット海峡、ジョージア海峡、南のアメリカ合衆国とはフアン・デ・フカ海峡で隔たる。1849年ハドソン湾会社からイギリスに譲られ、1866年ブリティッシュ・コロンビア州に加わった。島を縦断する標高600~1200メートルの山脈は広義のコースト山脈の一部を構成し、最高点はゴールデン・ハインデ山(2210メートル)である。山地は氷食によるU字谷を示し、多くのフィヨルドにつながる。みごとなスギモミ針葉樹林に覆われ、林業、製材、木材加工が重要な産業である。農業は東部海岸平野に集中し、酪農、果樹・野菜栽培が行われる。漁業も盛んである。主要都市は州都ビクトリアダンカンなどである。1778年にクックが探検した。

[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バンクーバー島」の解説

バンクーバー島
バンクーバーとう
Vancouver Island

カナダ,ブリティシュコロンビア州南西端の島。面積3万 1285km2。北アメリカ太平洋岸最大の島。アメリカ合衆国とはフアンデフーカ海峡,カナダ本土とはクイーンシャーロット海峡とジョージア海峡でへだてられる。 1849年ハドソン湾会社がイギリスに譲渡し,66年ブリティシュコロンビア州に加入。全体に山がち (最高点 2200m) で,スギ,モミなどの針葉樹林におおわれ,製材,木材加工が主産業。石炭鉄鋼,銅なども採掘される。農業は東部海岸平野に集中し,酪農,家禽飼育,果実,野菜栽培が行われるほか漁業も盛ん。州都のビクトリアやナナイモなどの主要都市は,島の南東側に位置する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「バンクーバー島」の解説

バンクーバー‐とう〔‐タウ〕【バンクーバー島】

カナダ、ブリティッシュコロンビア州南西端、太平洋にある島。ジョージア海峡、ジョンストン海峡、クイーンシャーロット海峡を挟んで、本土と相対する。製材業が盛んで、漁業の根拠地。主な都市はビクトリアナナイモ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android