バンティング

化学辞典 第2版「バンティング」の解説

バンティング
バンティング
Banting, Sir Frederick Grant

カナダの生理学者.トロント大学ではじめ神学を志したが,まもなく医学に転じ,1916年に卒業.軍医として第一次世界大戦に従軍し,負傷して退役ののち,トロント小児病院に勤務.1921年トロント大学教授J.J.R. Macleod(マクラウド)の研究室で,助手のC.H. Bestとともに,イヌを使って膵臓から分泌される血糖降下因子の抽出を試み,インスリンを発見し,糖尿病の治療に用いて成功した(1922年).この功績により,1923年Macleodとともにノーベル生理学医学賞を受賞.ただし,かれはMacleodの功績を認めず,賞金をBestと分けあった.同年トロント大学医学研究所所長に就任し,以後,がんや血栓の研究に従事した.1941年飛行機事故で死亡.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バンティング」の解説

バンティング
Banting, Sir Frederick Grant

[生]1891.11.14. オンタリオ,アリストン
[]1941.2.21. ニューファンドランド
カナダの医師。トロント大学卒業。 1915~19年第1次世界大戦に従軍,帰国後 21年まで,オンタリオ州ロンドンで医院を開業。 21年母校講師,23年同教授。 J.マクラウド,C.ベストとともにインスリンを発見,22年には糖尿病の臨床実験にも成功し,23年マクラウドとともにノーベル生理学・医学賞を贈られた。第2次世界大戦中は航空医学の研究に従事していたが,41年2月ニューファンドランド島洋上で,飛行機事故のため死去

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「バンティング」の解説

バンティング

(Frederick Grant Banting フレデリック=グラント━) カナダの生理学者。J=マクラウド、C=H=ベストとともに糖尿病の治療薬インシュリンを発見。その功績によって、一九二三年ノーベル生理・医学賞受賞。(一八九一‐一九四一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「バンティング」の解説

バンティング

カナダの医学者。トロント大学に学び,軍医として第1次大戦に従軍。のちトロント大学教授となる。膵(すい)臓のランゲルハンス島からインシュリンを抽出。マクラウドとともに1923年ノーベル生理医学賞。飛行機事故死。
→関連項目マクラウド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「バンティング」の解説

バンティング(Frederick Grant Banting)

[1891~1941]カナダの生理学者。マクラウド教授のもと、医学生ベストの協力で、糖尿病を制御するインスリンを膵臓(すいぞう)から抽出することに成功。1923年、マクラウドとともにノーベル生理学医学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「バンティング」の解説

バンティング【Frederick Grant Banting】

1891‐1941
カナダの医学者。オンタリオ州アリストンで生まれ,トロント大学で宗教学を修めていたが1年で医学に転じ,解剖学と外科学に興味をもった。1916年卒業と同時にカナダ陸軍の軍医となり第1次大戦に従軍,18年フランスで負傷し十字勲章を授与された。オンタリオ州ロンドンで開業,地元のウェスタン大学で解剖学と生理学を講じた。糖尿病に注目し,21年トロント大学生理学教授マクラウドJohn Macleod(1876‐1935)の協力で実験室と共同研究者ベストCharles H.Best(1899‐1978)を得て,膵臓のランゲルハンス島から分泌されるインシュリンを発見,これを糖尿病治療に用いて卓効を示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバンティングの言及

【インシュリン】より

…肝臓,筋肉,脂肪組織などに作用し,主として補給栄養系の体内蓄積同化を促進し,グルカゴン,成長ホルモン,コルチゾール,エピネフリンなどの異化作用と拮抗して代謝の調節をつかさどり,結果として血糖を低下させる。 インシュリンは1921年,バンティングF.G.BantingとベストC.H.Bestによって,膵臓の抽出物中から,血糖降下物質として見いだされた。次いで26年,エーベルJ.J.Abelが結晶化に成功,55年にサンガーF.Sangerがそのアミノ酸配列を明らかにした。…

※「バンティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android