バークリー(読み)ばーくりー(英語表記)George Berkeley

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バークリー(George Berkeley)
ばーくりー
George Berkeley
(1685―1753)

ロックとヒュームを結び、17~18世紀イギリス古典経験論を代表する哲学者。アイルランドのキルケニーに生まれ、ダブリンのトリニティー・カレッジに学ぶ。卒業後は同大学のフェロー(研究員)になり、初期の重要な作品を世に問うた。1713年ロンドンに出、大陸に遊んだのち帰国、母校の学監となった。公共心・宗教心の衰退を憂え、また、アメリカのバーミューダに理想のキリスト教社会とその精神的拠点となる大学の建設を計画して渡米したが計画の挫折(ざせつ)で帰国、以後著述に専念し、1734年アイルランドのクロインの司教に任ぜられて地方教化に尽くした。晩年はオックスフォードに行き、病没した。「存在するとは知覚されること」Esse est percipiという根本命題に要約されるように、バークリーの哲学は、一方ではロックを継いで知覚される観念を人知の唯一の対象とし、他方ではこの無力な観念とは対照的に能動的で、観念を知覚する精神だけを唯一の実体と認める。後者は「欲し」「行動する」実践的主体でもある。また、彼は『視覚新論』(1709)で、視覚と触覚の別を強調していたが、主著『人知原理論』で、知覚されない抽象観念の存在を否定し、抽象的普遍観念とは複数の個物を代表する機能を与えられた個別的観念だと説く。また、知覚される観念を唯一の対象とする基準から、第一性質の実在性を主張するロックの立場を否定し、さらに物体的実体の存在を悪(あ)しき抽象の極みとして否定する。だが、知覚される観念だけが存在するのであれば、知覚されない対象は存在しないおそれが生じる。バークリーは「世界」と「自我」の認識の範囲とを同一視する「独我論」的帰結を避けるために、「他我」や「主観一般」の知覚によって、個我によって知覚されない観念の存在を保証しようとするが、ついには内在的現象論の立場を超えて、人間の主観を超越した神の心に宿る観念の存在を仮定し、万有を神の心のなかにみるという、マルブランシュに近く、新プラトン主義の色彩をもつ万有在神論へと発展した。この傾向は晩年の著作『アルシフロン』(1732)や『サイリス』(1744)に著しいが、彼の意図は、新興の自然科学の唯物論や同時代の無神論・理神論・自由思想に対して、キリスト教を弁護する護教論にあったといえよう。主著にはほかに『ハイラスとフィロナウスの三対話』(1713)、『視覚論の弁護』(1733)などがある。[杖下隆英]
『大槻春彦訳『人知原理論』(岩波文庫) ▽名越悦著『バークリ研究』(1965・刀江書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バークリーの関連情報