コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーリントン・インダストリーズ Burlington Industries, Inc.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーリントン・インダストリーズ
Burlington Industries, Inc.

世界有数のアメリカの総合繊維メーカー。衣料用繊維製品を中心に,家庭用繊維製品を生産していた。創業は 1923年であるが,37年に既存会社3社が合同してバーリントン・ミルズを設立,55年現社名に変更。この間 38年には靴下生産を開始し,50年代から仕上げ製品部門に進出するとともに,60年代にはメリヤス工場,紡毛・梳毛服地,靴下,絨毯,パイル織物などの有力メーカーを次々に買収して発展した。家具類やプラスチックガラス繊維などの工業用製品にも進出。海外進出も積極的に展開。 87年に LBOにより非公開会社となったが,91年に再び株式を公開した。事業内容はアパレル製品と家庭装飾品からなる。年間売上 20億 9100万ドル,総資産 18億 7400万ドル,従業員数2万 100名 (1997) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーリントン・インダストリーズ
ばーりんとんいんだすとりーず
Burlington Industries, Inc.

アメリカの繊維会社。2001年に倒産し、2004年に新会社インターナショナル・テキスタイル・グループInternational Textile Group(ITG)として統合された。
 バーリントン・インダストリーズの歴史は1923年ノース・カロライナ州バーリントンに設立されたバーリントン・ミルズにさかのぼる。同社は、典型的な繊維会社として、設立当初はカーテン、衣服、旗などの綿繊維による織布をおもに生産していたが、当時画期的な繊維素材であったレーヨンによる製品生産を1925年に開始して、その後大きく成長した。第二次世界大戦後の活発な吸収・合併を経て、1955年にバーリントン・インダストリーズとなり、アメリカ最大、かつもっとも多角化された繊維会社となった。製品は広範な分野にまたがり、アメリカ国内のほかにメキシコとインドに工場をもち、1998年時点の売上高は20億0100万ドル、純利益は8000万ドル。売上高構成比率はアパレル(衣服・既製服)製品が58%、インテリア装飾品が42%を占めた。
 しかしその後、安価な中国製繊維製品に押されて、2001年に連邦破産法の手続により倒産、金融会社による買収、再度の倒産を経て繊維会社のコーン・ミルズ社Cone Mills Corp.に買収され、2004年に新会社インターナショナル・テキスタイル・グループとして統合された。
 日本では、1971年(昭和46)に三菱(みつびし)レイヨンとの提携による三菱バーリントンが設立されたが、バーリントン・インダストリーズの倒産により、2003年(平成15)に三菱レイヨンの完全子会社となり、社名を三菱レイヨン・カーペットに変更した。[佐藤定幸・萩原伸次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android