コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキスタン地震 パキスタンじしんPakistan earthquake of 2005

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パキスタン地震
パキスタンじしん
Pakistan earthquake of 2005

2005年10月8日,カシミール地方のパキスタン支配地域からパキスタンの北西辺境州(カイバル・パクトゥンクワ州)にかけて発生した大地震。発生時刻は午前8時50分。震源はアザドカシミール准州の行政庁所在地ムザファラバードの北東 19km,パキスタンの首都イスラマバードの北北東約 105kmの地点。地震の規模はマグニチュードM)7.6で,インド亜大陸の北方向への大陸移動によって生じた活断層の上に位置するパキスタン北部,インド北部およびアフガニスタンが大きな被害を受けた。最も被害が激しかったのはムザファラバードで,多数の村が壊滅した。インドではジャンム・カシミール州アナントナーグスリナガルなどカシミール地方の多くの都市で,少なくとも 3万2335棟の建物が倒壊。パキスタンのイスラマバード,ラホールなどでも被害が報告された。公式発表によれば,カシミールのパキスタン支配地域とカイバル・パクトゥンクワ州の死者は 7万9000人だが,死者 8万6000人,負傷者 6万9000人以上ともいわれる。インドのジャンム・カシミール州では少なくとも 1350人が死亡し,6266人が負傷。地震のゆれは 1000kmも離れたインド北部のデリー連邦直轄地パンジャブでも感知された。アフガニスタンでは 4人が死亡,14人が負傷と報じられた。家屋を倒壊で失った住民は推計 400万人。建造物が脆弱であったため,被害が大きくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パキスタン地震の関連キーワードラムサール条約日本のラムサール条約登録湿地小泉純一郎内閣APEC[各個指定]工芸技術部門リー イーユンアンドルー ジョーンズロナウジーニョいたばし太郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パキスタン地震の関連情報